座右の銘♪
c0206352_528598.jpg


リンクもしているお友だちのkimanbaさんが、
少し前に「座右の銘」について書かれていました。
彼女の座右の銘は、「人生万事塞翁が馬」だそうです。


この中国のことわざを知らない人はいないと思いますけど、次のようなものです。

昔、中国に、塞(さい)という翁(おじいさん)がいました。
塞翁の馬はとてもはやく走り、
塞翁自慢の馬でした。
しかし、ある時、塞翁の馬は、足の骨を折って、走れなくなりました。
でも、「馬が足の骨を折って、走れなくなった。しかし、不運とは思わない。」と、塞翁は言ったのです。
しばらくすると、国境警備のために、村中の馬が取られていきました。
しかし、塞翁の馬は、走れないために、国境警備のために取られることはなかったのです。

不運は、ただ不運なのではなく、その後、幸運に変わることもあるというお話です。


(追記です@22時37分)
知ってるつもりで書いてしまった上記の故事ですが、正しくは、「人間万事塞翁が馬」でした。エピソードも正しくは以下のとおりでした。
古典が苦手なんですよ^、わたくし。
ごめんなさ~い。

ある日、塞翁が飼っていた馬が逃げてしまったので、人々が慰めに行くと、塞翁は「これは幸いになるだろう」と言いました。数ヶ月後、逃げた馬は立派な駿馬を連れて帰ってきたので、人々がお祝いに行くと、塞翁は「これは災いになるだろう」と言いました。そして・・塞翁の息子が駿馬に乗っていたら、落馬して足の骨を折ってしまったので、人々がお見舞いに行くと、塞翁は「これは幸いになるだろう」と言いました。それからしばらくして隣国との戦争が始まり、若者たちのほとんどは戦死しましたが、塞翁の息子は足を骨折していたので兵役を免れて命が助かったのでした。



人生は、不運と思う出来事があとで幸運に変わったり、
その逆に、幸運だと思う出来事が不運に変わったりと、めまぐるしく変わっていきます。
だから、何が起こっても、あわてず騒がず、じっと見つめていることの大切さを教える言葉なのです。

不運なできごとが起きたとしても、悲しむことはないのです。
それは、幸運なできごとにつながっているのですから。


確かに素晴らしい言葉ですね♪
私、そんなこと、考えてみたこともなかったかもしれない・・
今の日本にも通じるかもしれない、この考え方・・



それで、改めて、考えてみたんです。
私の座右の銘は何だろう?って・・
考えてみたら、私は、何かの言葉を心のよりどころにしたことがないんですよね。
人間、何十年も生きていれば、それなりに辛いことや悲しいことがあったり、大きな悩みがあったり、挫折を味わうというのは当たり前で、もちろん、私にも大なり小なりあったわけですが・・

いつの時も、自分で考えて乗り越えた気がします。
人に話を聞いてもらうことはあっても、相談はしなかったかな・・
人の相談に乗るのは好きですが(笑)

でも、思い出したことがあったんです。
「明るく 強く 心温かく」という言葉。
これは、ことわざでも何でもなくて、私の卒業した高校の校訓なんですが、考えてみたら、自分の生き方はこの言葉に集約されるかもしれないな~って。
ずっとこんな感じで生きてきたかなぁ・・って。

別に、この校訓を意識したことなんて、ただの1度もないのですが、不思議ですね。



でも、こんな私(ポジティブ・シンキングですから)にも弱点が・・

それは、死ぬのが怖いということなのです。
私、絶対に死にたくないのです。
いつまでも生きていたいんです。
どうしよう~~

って、なんていうこと言ってるんでしょうね・・
この世の中には、無念の気持ちを残したまま旅立たれた方がたくさんいるというのに・・

でも、余談ですが、こんな私も、かつて生死の淵をさまよった経験があるので、その時は、遠のく意識の中で、「このまま死んでいくのはラクかもしれない・・」と思いましたから、その時が実際に来れば、案外怖くはないのかもしれません。

今は、自分の人生のセカンドステージに向けて、色々と計画を立てている最中なので、テンションが高く、張り切っている日々なので、死への恐怖を考える暇もないのですが、それでも、時々、この恐怖が襲ってくる時があるのですよ~

そんな時、自分の気持ちの上で起きた危機を脱出するために私が実行する方法は・・
写真のような本を読むこと。

私、実は、子供の頃から、宇宙物理学、天文学フェチなんです。
高校生の頃は、天体望遠鏡で、毎夜、天体観測をしていました。
そして、20世紀最大で、なおかつ最後の完全なる形での皆既日食も、
はるばるインドネシアのジョグジャまで見に行きました。
あの場所には、経験したものでなければ分からない、決して言葉では伝えることのできない、不思議な空気が流れていましたが、今も、その感覚は体の中にあって、はっきりと思い浮かべることが出来ます。

そうそう、死ぬのが怖い話です。
というわけで、宇宙規模で考えたら、そんなことを思い悩んでくよくよしている自分がばかばかしくなるんですよね~
宇宙の最後を見届けたい私ではあるんですが(泣き笑い)・・




2つのランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ←こっちもクリックしてね♪
ありがとうございました~♪
by mayumi-roma | 2011-07-01 05:31 | ひとりごと、考えること

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
ピエタ By カラッチ♪
at 2017-05-26 05:40
ディオールの美白化粧品♪
at 2017-05-25 05:50
やる気の出ない日・・・
at 2017-05-24 04:54
ポットラック・パーティ♪
at 2017-05-23 04:04
ローマのマルタ騎士団♪
at 2017-05-22 03:17
亀と山P♪(懐かし過ぎる!)
at 2017-05-21 06:17
夏のお洋服、お買い上げ~♪
at 2017-05-20 06:00