息子の大学生活@東京♪

c0206352_4573713.jpg

Cちゃんと息子。
(残念ながら彼女ではありません。この子、超可愛いのに!)


久々に息子ネタです(笑)
そんなつもりは毛頭ありませんが、自慢のように聞こえたらごめんなさい。
私の日常日記ですから、たまには母の喜びも書きたいんです。


息子は、おかげさまで、毎日、元気に楽しくやっているようです。
どうやら、食費を切り詰めて、お洋服を買っている様子・・
ファッションフリークなものでね。
最近は、コムデギャルソンが気に入っているようです。
とは言っても、シャツを買う程度ですよ・・
さすがにね・・

ついつい、「バッカじゃないの~!そんなモノ買う暇があったら勉強しなさい!」と言ってしまった私です・・


でも!
週に4回は1限目から授業があって、目いっぱい講義を取っているため、なかなか大変そうなんですが、1度も休まずきちんと講義には出ているようです。
だって、出席を取る科目もあるんですもの~

サークルも、真面目系に一つ、チャラ系に一つ入ったようです。


息子が日本の大学に進学するにあたって、私が心配だったのは、大学の講義についていけるか、だったのですが・・
入学試験に合格したとはいえ、帰国子女枠。
K大は偏差値が高いので、
一般受験で入学してきた子のレベルは相当高いと思われました。
それに、日本の同世代と変わらない日本語力があるとはいえ、やはり海外で生まれ育っているわけですから、アカデミックな専門用語は大丈夫なのか、と少し心配でした。


でも、
そんな心配は無用だったようです。
息子に怒られました。


「だいたいね、授業についていけないんじゃないかとか、お母さんはバカなこと言ってたけど、はっきり言って、授業に一番ついていけてるのは僕だよ!講義中、積極的に発言したり質問するのは、いつも僕。他にも唸るような発言をする子はいるけど・・」だそうで。


イタリアの高校で鍛えられているから、
発言や質問、討論、レポートなどは、楽勝なのだそうです。
講義内容もさほど難しいとは思わないそうで。
もちろん、眠くなるような退屈な授業もあるそうですが・・


先週は、英語の授業で、前期の試験の一部としてのディベートがあったそうで。
日本国憲法第9条(俗に言う平和憲法ですね)の改憲派と護憲派に別れて、まずレポートを制作してプレゼンテーション。そして、その後、討論会をしたそうです。
もちろん、全部英語です。
レポートも会話も。

いつの間に、こんなに英語ができるようになったんでしょうね・・
不思議です。
だって、英語圏から来てませんもの。
留学だってしたことないし。
ただ一つ、私が、息子の英語で褒めてあげたいところは、ほとんどのイタリア人に見られる強いイタリアンアクセントがないこと。そして、ジャパニーズ・イングリッシュでもないところです。限りなくネイティブに近い。

やはり、あれですかね~
アメリカのTVシリーズが大好きで、英語の勉強という名目でいつもそのシリーズのDVDを英語バージョンで見ていたこと。
あれで英語を覚えたのかしら?
何が幸いするか分かりませんね。

あ、それと、イタリアの高校(5年制)では、最後の3年間の英語の授業は英文学になるので、アメリカとイギリスの主だった文学作品は、全部原書で読まされことですかね!?
あの頃は本当に大変だったけど、少しは身になったってことでしょうか!?


考えてみれば、イタリアって、理系の高校にもかかわらず、哲学は3年間の必須科目だし、古代ギリシャのアリストテレスに始まり、中世のイタリア哲学からドイツ哲学へ、さらに、フランスの実存主義、近代のフロイトまで全部しっかりと勉強しますもの。
理系、文系の普通科の高校を出ていれば、かなりの教養は身につきます。

ですので、大学で、一般教養で取った哲学の教授にも驚かれたそうです。
なんでも、講義が終わってから、「君のように哲学に深い情熱を持った学生には初めて出会った。今度お茶でも飲みましょう」と言われたそうです。



K大の素晴らしさは、マンモス大学であるのに、少人数教育を実践しているところです。
英語のクラスも20人しかいないんです。
本当にたくさんの種類の講義と教授陣が揃っています。


いやぁ、まさか、こんなにきめ細かいカリキュラムだったとは・・
息子が入ってみるまで思ってもみませんでした。
マンモス大学だから、講義にも出ず、雰囲気に流されて勉強しないのではないか・・なんて心配は、全くの杞憂に終わりました。


政治学の授業では、今の日本の政治状況についても、よく討論しているようです。
教授も含めて、学生たちも皆、本当に呆れ果てている今の日本の政治!
あ~、情けないね~、今の日本の政治家たち。
与党にも野党にも、こちらの大学のOBで、おバカな方たちがいるんですけどね~
反面教師ってことで、
若者たち、頑張ってください~




2つのランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました~♪
by mayumi-roma | 2011-06-21 05:02 | 息子・私・家族のこと

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma