私がさくらんぼを食べられない訳・・

c0206352_5501193.jpg

八百屋さんネタが続きますが~

今朝、どこから来たのか、たぶん南の方からだな、
お野菜や果物などたくさん積んだ、生産者の直売トラックが来ていました。
この人、時々来るのですよ~

でも、私は買わないのだな~
確かに直売だからとっても安いんです。
これでも一度は買ったことがあるのですよ。
でも、例のごとく選べないから、桃か何だったか忘れたけど、すぐに食べなきゃ悪くなりそうなものばかり入っていたので、もう買わないのです。






c0206352_60259.jpg

という訳で、いつもの八百屋さんに♪






c0206352_645848.jpg

さくらんぼ(日本ではアメリカン・チェリーと言うのですか?)を少々とバナナを3本(夫が1日に2本は食べるものですぐになくなるのです)、それにメロンとレタスを一つずつ買いました。

でも、さくらんぼは夫用です。
私、食べられないんです。
はい、嫌いじゃありませんよ~
大好きでした!

メルカート(市場)に比べれば、少々お高いこのお店でも1kg8ユーロという値段がついているように、何と言っても安いし、甘くて美味しいし、昔は、この時期になると本当に山ほど食べていたんです。

それが、何故食べられなくなったかと言うと・・
義理の姉のせいなのです。
彼女が言った一言。

もう大昔のことなのですが・・
大げさな身振り手振りを加えながら、いかにも、あ~怖い!という風情で、
「さくらんぼには時々verme(白い小さな虫)が入っているから、私は食べる時には気をつけるの」

そんなことを聞いた日にゃ、虫が死ぬほど嫌いな私は、もうダメで・・

「大丈夫よ、さくらんぼを食べる時に1個ずつ中身を開けて虫がいないかチェックすればいいだけだから。虫がいたら食べなきゃいいのよ」

でもね~
お言葉ですが、
さくらんぼを1個ずつ開けて食べるなんて、
そんな食べ方、美味しくないじゃないですか~!
まして、虫が出てきたら、どうするの?
私は卒倒しかねない・・

イタリア人の友だちに、一度このことを相談したこともあるのですが、
「気がつかないで虫を食べるのなら別にいいじゃない。
単にタンパク質を取ったということよ」
と、あっさり言われまして・・

でも、気がつかないで食べる可能性を考えただけで、私はダメなのです。
たんぱく質を取っただけなんて、そんな大らかな考え方は出来ませ~ん!

たぶんね、虫なんて滅多にいないと思うのですよ~
彼女がさくらんぼの虫に出会ったのは、たぶん、庭にあった何の手入れもしていなかった木のさくらんぼだったと思うのですよ。

義理の姉はかなり変わったところがある人で、私の息子が小さかった頃のヘビやワニのゴムのおもちゃを見ただけで、気分が悪くなってフリーズしてしまう人です。
窓の外側にヤモリだかイモリだかが張り付いていた時も大騒ぎを起こしました。

そんな彼女ならでは・・のさくらんぼ話だとは思うのですが、一度聞いてしまった以上、私の性格では食べられないわけでありまして・・

故に、私は、大好きだったさくらんぼに別れを告げることになったわけです。
正直、義理の姉を恨んでいますよ~
全く!ロクなことは言わないんだから~!
ひとり者です、当然。



2つのランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました~♪
by mayumi-roma | 2011-06-19 06:39 | ローマの日常

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma