2度と行きません!銀座のマリアージュ・フレール
c0206352_23353335.jpg

マリアージュ・フレール銀座


c0206352_23373118.jpg

大好きな「アールグレイ・インペリアル」と桜のオペラケーキ


紅茶の淹れ方はさすがのパーフェクト!
ケーキのお味も一流!


ですけど、私は、東京、銀座のマリアージュ・フレールには2度と行きません。

大学時代の同級生と4人でお茶をしましたが、全員同じ意見です。


窓際に座りたいと言うと、「2人しか座っちゃいけない」。
このテーブルに座りたいと言うと、「こっちのテーブルは4人では座っちゃいけない」。
では、3階なら?と尋ねると、「3階?同じようなものですよ」。
いちいち、うるさく、不親切。
で、偉そう。
トイレは1つしかないし(しかも男女兼用)。


お客様を何だと思っているんでしょう!

お店のほうが高いところにいて、お客様はどうやら下に位置するようです。

フランス発、老舗紅茶屋さんのプライドは大切ですが、何か勘違いしているのでは!?

「お客様をお店に迎える」ではなく、「お店に入れてあげるよ」的な発想をしていると思います。

でも、周りを見ると「ありがたそうにお茶を飲んでいる人」が多いこと!

こういう、ブランドに弱い日本人、だからダメなんですよ~

もっと毅然としなきゃ~!

マリアージュ・フレール、
いったい何様なのでしょうか!?

紅茶に1000円、ケーキに1000円のお値段をとるからには、もっとお客様を大切にするべきです。

「ファミレスに行って、修行をしてこ~~い!」と言いたくなりました。

もちろん、マリアージュ・フレールで働く全ての人が悪いわけではありません。
幸いなことに、私たちのテーブルをサーブした男性は立派なサービスをしていました!
でもね、一人でもそうじゃない人がいると、おしまいなんですよ~

ちなみに、私は、パリのマリアージュ・フレールにも行ったことがありますが、お客様へのサービスが何たるかを心得たパーフェクトなもので、最高に素晴らしい時間をもらいました♪


お茶を飲んでいたら、地震がきました。
けっこう大きかったかも・・
その後、地下鉄が点検のために止まってしまったので、
ちょっとだけ、帰れなくなったらどうしようと思いました。

当分、お出かけは、歩いて帰れるところにしたほうが無難ですね。


(追記)
この記事は、2011年4月11日に書いたものです。
あくまでも、当時、私が経験したことを書いたもので、現在のマリアージュ・フレール銀座店がどうであるかは存じ上げませんし(本当にもう行っていませんから)、マリアージュ・フレールというブランドをけなすために書いたわけではありません。
何故なら、私は、マリアージュ・フレールの紅茶の大ファンで、ローマの専門店でも買い続けていますし、ブログで何度も取り上げているからです。
お店でイヤな思いをするとトラウマになってしまいます。
その経験を書いただけですので、あしからず。


さて、2016年7月22日に、私が翻訳した「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」が河出書房新社より発売されました。
c0206352_20582947.jpg

「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)♪
これまでにないタイプの画期的な美術エッセーです。
知識がなくても読めます。
けれども、美術愛好家にも読みごたえのあるものとなっています。
孤高の天才ではなく、人間レオナルドの真の姿が描かれています。

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。
どうぞよろしくお願い致します♪
アマゾンはこちらから~♪

ブログランキングに参加しています。
この記事が気に入った方は、下記のバナーを応援クリックして下さいね。
よろしくお願いしま~す。
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

by mayumi-roma | 2011-04-11 23:53 | 東京のグルメ&カフェ

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。