暇じゃないんです~~
c0206352_627399.jpg

息子が「持ってきてくれ」とメールしてきたティーカップ2客とワイングラス2個。



可愛い(笑)息子が日本へ発ってから、はや1週間以上が過ぎ、
皆様は、私が暇を持て余しているとお思いでしょうか!?

とんでもない!

確かに(苦手な)お料理はラクになりました~(笑)
この20年間、ずっとお昼ご飯の用意がありましたからね。
(イタリアの児童、生徒は、お昼ごはんを家に帰ってきてから食べます。もちろん、そうじゃないコースもありますけど)

お昼ごはんの支度をしなくていいなんて!
本当に天国です!

そして・・
これまでのお夕飯の準備は・・
夫のためのイタリアン、好き嫌いの多い息子用の特別メニュー、そして、私用のなんちゃって日本食!
はい、私、お夕飯は3種類作っていました!
週末だけは、なるべく(あくまでも、なるべく)揃って同じイタリアンを食べるようにしていましたが・・
とにかく、本当に大変だったんです~

夢にまでみた昼間に一人で家にいる贅沢!

でも、それをゆっくり味わう暇もなく、とっても忙しいんです~
何故かって・・






c0206352_6305283.jpg

12月に東京から船便で送っていた2つの小包。
2月中旬には届いていたのですが、小包を開ける暇もなくて・・
だって、中味は日本で使っていた夏物衣類と靴、そして、息子のマンガ本と受験用の参考書。
開けてしまうと、整理が大変なことになってしまうでしょう!?
だから、そのままにしておいたんです(笑)

で、息子が発ってから、ようやく整理できたというわけです。






c0206352_6321890.jpg

そして、そして、息子が日本へ持っていきたいイタリア語の本!
彼自身に詰めさせたまではいいのですが、小包にして送ったのも、結局、私です。
イタリアの郵便局、ややこしいんですよ。
内容物を細かに書かなければいけないんです。
一つ一つの重さと値段まで・・(汗)
適当に書くにしても、手間がかかるんです~


私ももうすぐ日本だし、そちらの準備もあるのだけど、
とりあえず、息子が持っていけなかった荷物(洋服とか写真の雑貨とか)をスーツケース1個にまとめました。
超過手荷物料金がわずかな額で済むので、スーツケース2個で行くつもりで~す!
自分の準備もそろそろ始めなきゃ~



さて、本日、3月10日は、京大の合格発表でした!
朝起きて、メールチェックをしたら、大切なお友だちから嬉しいお便りが!
お嬢さんが無事京大に合格しました~058.gif
おめでとう056.gif


私が、例のネット投稿問題に過剰に反応したのもそのためです。

彼女は、「どうしても東大に行きたい」と、自らの意思で一浪して、
東大を目指していました。
努力の甲斐があって、東大合格圏に到達。
センター試験も合格圏内の点数が取れていました。
けれど、本人的には、満足できる点数とは言えなかったそうで・・
確実に合格を果たすために、京大受験に切り替えたのです。

もったいないなぁ・・
東大を受けていたら合格していたと思うのになぁ・・

彼女のママ(私のお友だち)は、全く教育ママではなく、子どもの意思を常に尊重してきた人です。その証拠に、三人のお子さんの内一人は、進みたい道のため大学には進学しませんでした。
子どものやりたいことをやらせる。
でも、そのためのサポートは惜しまない。
そういうスタンスの素敵な人です。


大学受験は、受験する本人が一番不安な気持ちでいると思いますが、
実は、それ以上に不安な気持ちでいるのが母親(父親も?)なんです。
ただ、その不安に思う気持ちを子どもに見せてはダメなんですよね~
親が抱える不安は必ず子どもに伝わります。

だから、
子どもの力を信じることと
「大丈夫よ」と安心感を持たせることが、大切なんです。

しかしながら、その一方で、母は、ある種の覚悟のようなものも持たなければなりません。
最悪の事態になった時の覚悟です。
あ~、母って大変だわ~!
(私も、最悪の、そのまた最悪の事態に陥った時の対策まで考えていました)

万が一、ダメだった時には、その結果を受け止めて、抱きしめてあげるしかありません。
がっかりする気持ちはあっても、一番落ち込んでいるのは子ども本人ですから!

人間ですから、世間的な親の見栄だってあります。
それは当たり前。
でも・・
どんな子どもでも自分の子ども!
自分が受け入れなかったら、誰が受け入れると言うのでしょう!
(何様発言で、すみません)


日本の受験システムに疑問を持つ人も多いかもしれません。
でも、そういうことは置いておいても、
日本中に一生懸命頑張ってきた受験生がたくさんいるというのは事実なんです。

息子は帰国子女枠受験でしたが、帰国枠とて大変さは同じこと!
ウチの場合は、幸運にも第1校目で決まりましたが、予備校の同じクラスのお友だちが、合格を決めるまでにどれだけ苦労したことでしょう!

9月から始まった帰国枠入試。
受ける大学を片っ端から落ちてしまい、11月下旬のG-MARCH最後の砦(一番最後に試験がある)R大も落ちてしまったお友だち(優秀な子だったんですよ~)、関係のない私までもが大変心配していました。
帰国枠受験は1度しか受験できないからです。
それでも、彼は、なんとか頑張って、首都圏のわりに有名な国立大学に合格しました。
人ごとながら、ほっとしました。


私が、あのネット投稿の予備校生が健全でないと思ったのは、受験生たちの苦労を間近で見てきたからなのです。
彼の背景とか問題とか、受験システムとか報道とか逮捕が妥当かとか、そういう問題は横に置いておいても・・・・
ただ単純に、彼がしたことは、他の受験生に対する冒瀆(ぼうとく)だと思ったのです。


あ~、また、私の受験ウンチク話が長くなってしまいました~
すみません~~~



2つのランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 
by mayumi-roma | 2011-03-11 08:13 | 息子・私・家族のこと

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
遠近法の不思議♪
at 2017-05-28 05:36
妹分たちと楽しいランチ会@ビ..
at 2017-05-27 07:15
ピエタ By カラッチ♪
at 2017-05-26 05:40
ディオールの美白化粧品♪
at 2017-05-25 05:50
やる気の出ない日・・・
at 2017-05-24 04:54
ポットラック・パーティ♪
at 2017-05-23 04:04
ローマのマルタ騎士団♪
at 2017-05-22 03:17