サンタ・チェチリア物語♪
c0206352_634810.jpg

3月7日、月曜日、ローマ、ようやく晴れました~
その代わり寒さが戻ってきました。





c0206352_636195.jpg

ローマの下町トラステベレのサンタ・チェチリア広場♪
1742年に増築されたサンタ・チェチリア教会付属の修道院。
教会への入り口でもあります。






c0206352_6364990.jpg

中庭の向こうにはサンタ・チェチリア教会♪

聖女チェチリアは、生年不明ですが、2世紀頃に生きた人物だと考えられています。
ここは、その昔、実際にチェチリアが暮らした家でありますが、彼女の遺言通り、その後、教会となりました。

ローマの裕福な貴族の家に生まれたチェチリアは、当時のローマでは禁止されていたキリスト教の信者でした。親の勧めに従ってバレリアーノという男性と結婚した彼女は、初夜の晩に、「神のために生涯貞潔を守ること」を宣言します。

それを受け入れた夫は、自分の弟と共に洗礼を受け、クリスチャンとなったのです。
この兄弟は、迫害されて殉教した人々の遺体を引き取り、手厚く葬りましたが、このことがローマ総督の耳に入り、捕えられ、信仰を捨てるようにとの命令を拒んだため、斬首の刑を受けました。

チェチリアは、彼らの遺体を引きとり埋葬し、その後、自分の家を教会にしました。
もちろん、この件もローマ総督の耳に入り、棄教するように迫られましたが、当然言うことを聞くわけもなく、蒸し風呂の刑に処されましたが、苦痛もなく汗をかくこともなかったと言います。そして、斬首となったのですが、チェチリアの頭は3度刃を向けても傷がつくだけだったそうです。そして、3日間の苦しみのうちに殉教しました。

遺体は、サンカリストのカタコンベ(地下墓地)に埋葬されたそうです。






c0206352_63920100.jpg

教会の中♪
普段よく見るローマの教会とは全然違います。
真っ白で、清廉潔白のイメージ♪
広々としています。
明る~い!
そして、常に美しい音楽が流れていて・・
ここにいるだけで、清らかな心になれそう・・
こんなに居心地のいい教会は初めてかもしれません。






c0206352_640234.jpg

パイプオルガンを弾くシスター♪

美しい音楽はここからでした~
常に、こちらの修道院のシスターがオルガンを奏でているようです。

そう、聖女チェチリアは、音楽家の守護聖人なのです。
ローマのサンタ・チェチリア音楽院、サンタ・チェチリア音楽堂、音楽に関するものには全て彼女の名前が冠されています。

そのいわれは、オルガンを奏でながら歌っていたからだと言われていますが、実はこれは事実ではなく、楽器の演奏を聴きながら、神のために「心と身体を清いままでいさせてください」と心の中で歌っていただけだそうです。






c0206352_6413315.jpg

中央祭壇
丈夫のモザイクは9世紀のもの。
天蓋は、13世紀のアルノルフォ・ディ・カンビオの作品です。
祭壇の下には、サンタ・チェチリアの彫刻が・・






c0206352_6423025.jpg

サンタ・チェチリアの像(1599年、マデルノ作)

紀元821年に彼女の棺は、この教会(まさに彼女の家だった所です)に運ばれます。
その後すっかり忘れられていた聖チェチリアの棺ですが、1599年の教会の改修工事の際に発見され、棺を開けてみたそうです。
すると、驚くべきことに、中の遺体は腐敗も損傷もなく、当時のまま、眠るように横たわっていたそうです。

そこで、マデルノという著名な彫刻家にその姿を見せて忠実に再現させたものが、この「サンタ・チェチリアの像」というわけです。

聖女チェチリアは、音楽家の守護聖人でもありましたが、目の不自由な方の守護聖人でもあります。拷問の際に両目をくり抜かれたと言います。
(怖ろしい~~!人間っていつの時代も残酷です~!)
そういうわけで、顔を下に向けてターバンのようなもので覆われているのです。
手は三位一体を表わしているそうです。

三位一体:父(全能の神)と子(キリスト)と精霊(ハトがシンボルです)のことです。






c0206352_784892.jpg

地下の遺跡への入り口。
チェチリアが暮らしたローマ時代の家がそのまま残っています。
入場料は5ユーロしなかったかな~





c0206352_7193374.jpg

地下はかなり広いです~
まるで、ラビリント、迷宮のようです。
ココを歩くのは、実に興味深い・・
古代人の息吹を感じる・・





c0206352_7102269.jpg

c0206352_7111443.jpg

一番奥にある地下礼拝堂♪
ここに到達すると、そのあまりの美しさに、目を見張り、息を呑んでしまいます・・

ブルーの世界・・
その存在自体がきらめく宝石のような美しさ!
言葉なんていりません。

写真ではその素晴らしさをお伝えできなくてすみません。
いつか、実物を見に行ってくださいね♪







c0206352_7145921.jpg

c0206352_7135482.jpg

天井の装飾♪
本物の宝石がはめこまれています~
(ルビーが欲しい~~)





c0206352_7174298.jpg

様々な天井の装飾♪
似ているようで、微妙に図柄が違っています。






c0206352_712406.jpg

モザイクの祭壇です♪
こちらも実物のほうが100万倍綺麗です~


とっても長くなりましたが、最後まで読んで下さってありがとう♪



2つのランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 
by mayumi-roma | 2011-03-08 08:13 | ローマの美術散歩

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。