スーパーアイメイク落とし♪

c0206352_7101131.jpg

「SOFTYMO」(ソフティモ・コーセー)
スーパーアイメイク落とし♪
夏に日本で見つけた優れもの♪


マスカラは、ランコムのウォータープルーフを長年にわたって使っている私です。
しかも、2度も3度も重ね塗りして、ビューラーでくるんくるんにするのが私流!
だから、アイメイクリムーバーも当然、同じランコムのビファシル(ウォータープルーフ用)を使っているのですが・・
(でないと、落とすのが大変なのよ~)
夏の日本で、滞在中(息子の受験のため長期滞在)にビファシルが切れてしまって・・
外国製の化粧品を日本で買うと高いかな~と思っていた時に、TVで見たCM!


「本当なの~~!?」が最初の印象・・
でも・・
上戸彩ちゃんのCMだったし、
(なにげに上戸彩ちゃん、好きなんです)
クレンジング部門のコスメ大賞、2年連続1位で、ついに殿堂入りしたって話だし、
若い子向きだから、たぶん本当なんだろうな
(ウソだったら若い女の子は絶対に買わない!)、
と思って、新宿の某ドラッグストアで早速購入!


すごい!
「ウォータープルーフのマスカラもスルンと落ちる」というキャッチフレーズは本当だった~
誇大広告ではなかった~

まさに、あのCMの通り!
綺麗に落ちます。

買ってからも、
乳液タイプなのを見て、
またまた疑いの気持ちが出てきたりもしたんだけど・・

素晴らしい落ち具合い!
しかも、まつげが1本も抜けない!

涙に近い中性タイプ♪
まつ毛保護成分配合♪
保湿成分ヒアルロン酸配合♪
なんだか、言うことない感じ~~

おまけにお値段が~~
若者向けなので、とにかく安い!
いくらだったか覚えていないけど・・
この、大きなボトルで、1000円しなかったと思う。


最近の日本の若い女の子は、アイメイク(アイメイクだけじゃないけど~)に凝っているから、コスメの優れものがどんどん出てきますね~
しかも、お値段、お安いし!
日本のコスメ市場からも、目が離せませんね。

次回の日本では、買いだめしてこなきゃ~~♪
(私、別に、コーセー化粧品のまわしものではありませんよ、笑)



アイメイクと言えば・・
もともと派手な造作の顔立ちで、
ただでさえ大きなパッチリお目々を持つイタリア人なのに・・
イタリア女性も「マスカラ命!」です。
だいたい、ビューラーなんて必要ないと思えるくらいに、
生まれながらにしてクルリンとカールした長いまつ毛を持っているのに・・
ビューラーが普通に売ってるのを見て、最初はずいぶん驚いたものでした~

イタリア女性が、まじで、どんなことがあっても忘れないのが、マスカラなんです!!

息子がイタリアの小学校に上がった頃、
それまでは全日制のローマ日本人幼稚園に通っていたので、
イタリア人のお母さん方にまみれて送り迎えをするのは、私も初めての経験だったんですけど、まぁ、イタリアのママたちが朝から気合いMAXのいでたちで子どもたちを送ってくるのにはビックリ!

8時15分から30分までの15分間だけ門が開き、その間にだけしか登校出来ない仕組みで、さらに、イタリアでは、子どもの通学に親の送り迎えが義務となっているのですが・・

そんな早い時間帯にもかかわらず、皆さん朝からフルメイク♪
すっぴん風のママたちも、マスカラだけはバッチリなんです~
いやあ、イタリア女性の、この、マスカラにかける情熱には、正直、驚きました~
「朝の慌しい時にマスカラまでやってられないわ!」と思っていた私は大いに反省・・

毎朝、ファッションショーみたいでしたよ!
メイクやお洋服だけでなく、ジュエリーもバッチリでしたからね。
(ちなみに、公立の小学校です、念のため)

イタリアって、着ている物で人を判断するところがあって、
それはイタリアに来たばかりの頃から知っていましたから、
私もその点ではいつも注意していました。


「郷に入れば郷に従え」ですね♪

そういえば、この諺、もともとは、ラテン語の成句「sī fueris Rōmae, Rōmanō vīvitō mōre, sī fueris alibī, vīvitō sīcut ibī」(ローマにありてはローマ人の如く生き、その他にありては彼の者のごとく生きよ)の英訳から、来たものなんですよね~
「When in Rome,do as the Romans do 」



2つのブログランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つとも押して頂けるととても嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by mayumi-roma | 2011-02-06 07:20 | 美容&コスメ

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma