ミラノ散策♪アンブロシアーナ美術館♪

c0206352_335571.jpg

アンブロシアーナ美術館♪
ブレラでも良かったんですけど、午前中のカフェめぐりのすぐそばにあったので、時間のロスをなくすため、そして、ダ・ヴィンチが見たかったので、こちらにやってきました♪
それにしても、入場料が15ユーロって高すぎませんか~!?
かなり驚いてしまったんですけど・・





c0206352_365426.jpg

ボッティチェリの「Madoona del padiglione」
ボッティチェリの絵は、綺麗としか言いようがありません!
見る人をいい気持ちにさせる絵ですね。





c0206352_310670.jpg

ラファエロがヴァチカン宮殿の「署名の間」に描いたフレスコ画の一つ
「アテネの学堂」の下書き♪

実に興味深いです。
試行錯誤してあのフレスコ画を描いた事が分かります。
ここには、まだ、ミケランジェロも、彼自身も描かれていなかったし!
レオナルド・ダ・ヴィンチは既にいました~(笑)

あ、ご存じない方へ。
古代ギリシャの哲学者・偉人たちが一同に集まる、この絵を描いたラファエロは、哲学者や偉人の顔にイタリアのルネサンスの巨匠たちを当てはめているのです。
そして、ちゃっかり、自分の美しい顔も入れている・・
なかなか茶目っ気がある人だったんですね。
というより、巨匠たちに古代の哲学者と同様の敬意を払っただけかもしれませんが・・





c0206352_3405074.jpg


レオナルド・ダ・ヴィンチ作
「Ritoratto di musico」
音楽家の肖像画♪
(画像は絵葉書からです)


残念ながら、ローマのカピトリーノ美術館に貸し出しされていました。
なんということでしょう・・
これを見に来たというのに、ローマに来てたなんて!





c0206352_345678.jpg



「Ritratto di Dama」(貴婦人の肖像画)
Ambrogio De Predis作
(画像は絵葉書から)

この作品、当初はレオナルドの作品だと言われていたのです。
私もそのつもりで来たのですが、その後の調べで、De Predisの作品だという事が判明しました。
だけど、美しい絵だと思いませんか?
高貴な女性の肖像画もまた、実に興味深いものです。
当時の髪型、お洋服、そして、なんといっても、ジュエリーを見るのが楽しいのです♪
この真珠とルビーのネックレス、素敵だと思いませんか?










c0206352_3171084.jpg

中庭♪
ここに降りることは出来ません。
また、ローマのそれとは違う雰囲気♪





c0206352_319145.jpg

アンブロシアーナ図書館♪

ここ、素敵です・・
入るなり、時代を感じさせる古書の匂いが・・
本好きには何とも言えない崇高な香りです・・
部屋の四方、上から下までぎっしり埋め尽くした古書の数々・・
何時間でもいれるような気がしました。
私、かなり長い間、たたずんでいました・・

パネルの中に、ダ・ヴィンチ・コードが入ってます。
って、別に、ダ・ヴィンチの手稿を、このように呼んでいるだけなんですよ。
あのベストセラー本にあやかろうと思っているのかしら?
それとも、以前からこういう名称だったのでしょうか?
分かりません。
この手稿、色々な図と一緒に文字が書かれてあり、何やら研究している様子が見て取れる貴重なものです。



こちらの美術館には、他にも、カラヴァッジョのフルーツバスケットやティツィアーノ、ブリューゲル等の作品が収蔵されています。
ミケランジェロの木製の十字架の彫刻も特別展示されていました。小さな小さな十字架でした。15~20cmくらいのもので、厳重にガラスケースの中に入っていました。



2つのブログランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つとも押して頂けるととても嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by mayumi-roma | 2011-01-25 04:16 | ミラノ

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma