ペルージャ・クリスマスのお食事♪

c0206352_2203158.jpg

ペルージャの義理の姉の家のダイニングルームです。
お客様用のダイニングなので、普段は使っていません。
家具は、その昔、両親(私から見れば義理の両親)が特注したもので、とても素敵なんですけど、やたらと大きいので、今の時代にはマッチしませんね・・
義理の姉は、ウチの息子が結婚する時に、これらの家具を全部あげるなんて言ってますけど、息子は「こんなものいらない」と(私にだけ)言っています。
照明は、もちろんムラノグラスです。






c0206352_228321.jpg

バカラのキャンドル立て(上)も、男の子と女の子のお人形@ロイヤルコペンハーゲン(中)も、ハムレットとオフェーリアのお人形(下)も、私が過去のクリスマスにプレゼントしたものです。
だいたい、こういうものか銀製品を、毎年贈っています。







c0206352_22154435.jpg

リビング(というより、昔風の応接間)。
クラシックな趣味なので、Poltrona FRAUの革のソファー。
そして、ペルシャの絨毯。






c0206352_2221177.jpg

左:ジョルジョ・デ・キリコの自画像(リトグラフ)
右:サルヴァドール・ダリのリトグラフ

私たちは、以前、ミラノの画廊から1年に5点、勝手にセレクトされたお勧めの絵を買っていましたが、上の2点は、姉にも勧めて買わせたものです。
特に、キリコは、今ではすごい値段になっていると思います・・






c0206352_22291712.jpg

クリスマスのお食事は毎年定番。
プリモが「トルテリーニ・イン・ブロード」
ただし、姉の場合は、トルテリーニを、中の詰め物から、
それをくるむパスタまで、全部手作りしています。
スープが手作りなのは、これは当然。
私でさえ、お肉からダシをとって作りますから(笑)






c0206352_22374829.jpg

セコンドは、イタリア風ローストビーフ。
お肉の真ん中がピンクではないし、厚く切るのでローストビーフではないのですが、イタリア人に言わせるとローストビーフ・・

そして、パルミッジャーナ。
ナスを揚げたものを、ラザーニアのように、トマトソースとモッツァレッラチーズとパルミッジャーノチーズで幾層にも重ねてオーブンで焼いたもの。

つけあわせのサラダ。

まぁ、いつも同じメニューなので、なんてこともないのですが・・






c0206352_22461553.jpg

デザートは、クリスマスだから、パンドーロ!
息子がパネットーネよりパンドーロのほうが好きなので、こちらを用意してくれています。
パネットーネとパンドーロの違いですが、
簡単に言うと、パンドーロは、ヴェローナ生まれ。
八角形の星型で細長い形、シンプルに卵とバターをたっぷり使って焼き上げたもの。
パネットーネはミラノ生まれ。
レーズンやドライフルーツが入っていて、タネを48時間に渡ってゆっくり発酵させて焼き上げているので、ふんわり柔らかく仕上がります。
今は、色々なバージョンがあるので、中にクリームやチョコレートが入ったもの、様々な種類があります。

写真右下は、息子のリクエストのティラミス。
姉はドルチェを作るのは上手なのです。

そして、スプマンテで乾杯♪





いつも、応援ありがとうございます♪
皆様からの「ポチっとクリック」は、大変励みになっております。
これからもどうぞよろしく♪

2つのブログランキングに参加していますので、
ご面倒でしょうが、2つとも押して頂けるととても嬉しいです♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by mayumi-roma | 2010-12-28 23:21 | ペルージャ・その他の町

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma