Mose By Michelangelo ♪

c0206352_18531046.jpg

ミケランジェロのモーゼ像、全体図。
下段中央が、モーゼ。
その左右に旧約聖書の登場人物ラクエルとリア。
モーゼの上には、法王ユリウス2世。
その後ろには幼子イエスを抱える聖母像。
上段左に巫女、右に預言者が配置されています。


ローマ法王のユリウス2世は、生前に自分のお墓の壮大な計画を立て、それをミケランジェロの作になる44対の彫刻で飾るつもりでしたが、この計画は種々のことに妨げられて、計画が変更され縮小され、現在では最初に作られた「モーゼ像」だけが残っています。

もちろん、ユリウス2世は、このお墓をヴァチカンのサン・ピエトロ寺院内に作るつもりで、制作はヴァチカンのサン・ピエトロ寺院の中で行われていたのです。
最終的に、この「サン・ピエトロ・イン・ヴィンコリ教会」に収められたのは、ユリウス2世が法王となる前に、この教会の枢機卿だったからです。

ちなみに、この大計画のためにミケランジェロが作った幾体かの「奴隷像」が、フィレンツェのアカデミア美術館やパリのルーブル美術館に残っています。




c0206352_1971410.jpg

モーゼ像と左右の女性像

モーゼがシナイ山で神から受け取った「十戒」を手に山を降りようとするところを表したものです。
そのため、写真では見えにくいですけど、向かって右側の足は親指を地面につけているだけで、今にも立ち上がろうとしているところだそうです。

モーゼの左右には、同じ旧約聖書の中に登場するラクエルとリア姉妹です。
向かって左がラクエル、美しくはないけれど子どもを生める女。
右がリア、美しいけれど子どもが生めない女。
父親の命令で、二人とも同時に同じ男性に嫁ぎました(一夫多妻が認められていたそうです)。
なんだか、ひどい話ですね。
旧約聖書って、けっこうひどい話が多いですよね。
教訓を与えたかったんでしょうけど・・




c0206352_1923231.jpg

「モーゼ像」をもう少しズームで。




c0206352_19242483.jpg

今度は、全体像をななめから。

この作品にミケランジェロが取りかかったのは、30歳の頃でした。
当時は、あの有名なヴァチカンのシスティーナ礼拝堂の天井画「天地創造」も、同じくユリウス2世の依頼により同時作成中でした。

大理石の産地で有名なカッラーラから、ミケランジェロが注文した大理石が次々に届き、法王はなかなか支払ってくれなかったので、ミケランジェロはとりあえず自分の懐から支払いをしなければならず、何度も怒ってフィレンツェに帰ったそうです。




c0206352_1926225.jpg

モーゼをズーム!

このモーゼ像のことをミケランジェロは、「Tragedia della mia vita」(わが人生の悲劇)と呼んでいましたが、これが完成した時には、実に70歳になっていたのです。
ミケランジェロは、この像のために40年間も翻弄され続けたわけです。





c0206352_19271565.jpg

さらにズーム!

翻弄され続けたのは、計画の変更が多かったことと支払いが悪かったこと。
そして、法王の死後の問題もありました。
もちろん、システィーナ礼拝堂でのフレスコ画の同時進行はきつかったことでしょう!
天井画「天地創造」があまりにも素晴らしく、大変な評判を取ったため、ユリウス2世の次の法王にも、今度は祭壇画「最後の審判」を描いて欲しいという依頼があったからです。
その代わり、モーゼ像の支払いはきちんとするからという約束も取りつけたようです。





c0206352_1927503.jpg

モーゼの顔をアップで!

このモーゼには頭に2つのツノがあります。
この解釈には色々と説がありますが、
シナイ山で神から「十戒」を受け取って山を降りる時に、モーゼの額に現れた2つの光を表したものであるとの見方が強いです。
よくキリストの頭に後光が射しているのと同じことなのですが、当時は、イエスだけが光に満ち溢れた顔を持つことを許されていたそうで、それで、こういう形での表現になったようです。

また、視線の鋭さは、ミケランジェロそのものであると言われています。
誇り高く、何事にも厳しかった彼の性格そのものが映し出されているそうです。





c0206352_19282655.jpg

「ユリウス2世」
近年まで、この像は、ミケランジェロのお弟子さんが制作したことになっていますが、最近の修復作業の結果、ミケランジェロの作品であることが判明しました。
死の眠りを表す閉じられた瞳。
眉間に浮かぶ皺。
驚異的な表現力だと言われていますが、この写真からは、それをお伝え出来ないのが残念です。

ユリウス2世は、ヴァチカン・システィーナ礼拝堂の天井画「天地創造」をミケランジェロに描かせていますが、ラファエッロにもフレスコ画を描かせています。
現在、ヴァチカン美術館にある「ラファエッロの間」の作品です。

そう考えると、今日、後世に残る名作の数々を私たちが見ることが出来るのも、この法王のおかげかもしれませんね。





c0206352_2082194.jpg

最後に、このモーゼ像が完成した時のミケランジェロの言葉♪

「Perche non parli?」(何故、喋らないんだ?)と叫んだそうです。

自分で彫り上げたとはいえ、そのあまりのリアリズムに我を忘れたらしいですよ・・




2つのランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by mayumi-roma | 2010-04-14 20:15 | ローマの美術散歩

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma