私のショートブーツたち♪

リンク先の杏さん  が、素敵なフェラガモの靴のコレクションの記事をUPしていたので、ちょっと真似っ子で靴の話題を♪


私はブーツが大好きです♪
一番好きなのは、ミニスカートにロングブーツのパターンなのですが、ジーンズやパンツを履く時のためにショートブーツにも凝っています♪

c0206352_556527.jpg

ショートブーツは全部で5足。
色は全て黒です。
だって、何にでも合わせやすいでしょう!?
一番手前の左側は、あると便利かな~と思って、私にしては珍しくヒールのないものを買ってみたんですが、全く使う機会がありません。





c0206352_5571261.jpg

一番のお気に入りは、こちら♪
ブティックで一目見るなり、恋に落ちてしまいました~
Dolce&Gabbanaのピンヒールです♪
でも、普段に履いて街を歩くのはちょっときつい・・





c0206352_5572612.jpg

こちらは、FENDIのもの♪
最近はいつもこれかな~
私にしては、ヒールもそれほど高くはないし、何より履きやすいんです。


靴は、特にブランドにはこだわっていません。
何よりもまず、自分の足に合うかを最重要視します。
次に、自分の感性にピンとくるデザインかな。


普段は、私の足にピッタリの靴屋さん、コルソ通りのI Cervone(イ・チェルヴォーネ)で買います。
ここの靴、しっかりとした作りで、小さいサイズもあるし(私の靴のサイズ35なんです)、私の足にピッタリ♪ヒールが高くても全然疲れないんです。
5つのショートブーツのうち、3つはここです。
あまりに履き心地が良くて、毎日履いてしまって、履きつぶしてしまったものは数知れず・・


ブランド物を買う時はケースバイケースで。
私は、物との出会いも一期一会だと思っていますから♪





c0206352_6115932.jpg

靴は、ロングブーツも含めて、全て、箱に入れたまま保存しています。
1度履いたら、綺麗にして磨いて、型崩れしないように中に紙を詰めて、箱の中へ。
その箱のまま、靴箱にしまいます。

上の写真が、私の靴箱です。
全身を映せる鏡張りにしたので、鏡にバスルームのドアが反射してたりして、写真では分かりにくいかな~





c0206352_6121895.jpg

ご近所用の靴は、玄関に置いています。
一番左端は、GUCCIのポニースキンのモカシン。
普段履きにはもったいないんですけど、ヒールが低いので、お出かけには使いたくないんです。

写真右の白い丸いイスは、靴を履く時に座るために置いています♪

イタリアに暮らしていますが、アパートの全面改築を機に床をフローリングにしたため、日本の家と同じように靴を脱いで生活しています。
これは、お客様としてみえるイタリア人の方にも要求しています。
でも、以外にこれが好評なんですよ~~
衛生的でいいとか言われて・・

問題は、女性の方。
靴はトータルファッションの重要なポイントなので、本音を言えば、靴を脱ぐのがいやなのかもしれませんね。


でもでも、以前、オーストリアやスエーデン出身のお友だちが来た時に言っていたのですが、あちらでも靴のままの生活はしないんですって♪
冬は雪の多い国だから、靴が汚れるので、室内履きに変えるんですって♪





c0206352_6123432.jpg

そういうわけで、我が家にはスリッパ入れがあります。
スリッパ入れにしているKARTELLのプラスチックの白の家具。
このシリーズ好きなんです♪

イタリア人がスリッパに抵抗があるとすれば、誰が履くか分からないものを自分の足に履きたくないという点。これは、私にもなんとなく分かります。よそのお宅でスリッパを履くのってちょっと抵抗ありますもの。

それで、息子のお友だちの分は、名前まで書いて、専用スリッパにして、お客様の分は、よくいらっしゃる方には専用を用意し、そうでない方の場合は常に綺麗なものを用意しておきます。
そう、洗うってことです。

でも・・、以前は週末ごとに呼んだり呼ばれたりをしていたお付き合いも、ここ2,3年は少なくなりました。お客様をお招きする心の余裕が、今の私には全然なくて、せいぜい、お友だちが時々お茶を飲みに来る感じです。
子どもが小さいうちの方が、お付き合いも多かったような気がします。




2つのブログランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by mayumi-roma | 2010-03-13 06:52 | ファッション&アクセサリー

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma