イタリアの王子が歌手デビュー♪

c0206352_3425023.jpg

エマヌエレ・フィリベルト・ディ・サヴォイアとその父親、ヴィットリオ・エマヌエレ。

もし、今でも、イタリアが王国制をとっていたなら、父親は国王。
エマヌエレ・フィリベルトは、王位継承権第1位にある王子様なのですが・・


ご存知、第2次世界大戦中、敗戦のムードが高まる中、当時の国王ウンベルト2世は、サヴォイア王家一族と側近を連れて、国外に逃亡してしまったのです。
ナチスドイツが北から、連合軍が南からイタリア国土を制圧していき、内戦の中で苦しむ国民を放ったらかしにして・・

ファシズムの台頭を許してしまったことと国民を見捨てたこと。
サヴォイア家へのイタリア国民の感情は冷ややかなものでした。
戦後、国王が帰国して、「王制か共和制か」という国民投票に臨んだ時・・
国民の答えは、共和制でした。
それ以来、政治亡命という形で国外追放となり、サヴォイア家の男性がイタリア国内に入ることは許されませんでした。

その間にも、本来なら国王になっているはずのヴィットリオ・エマヌエレはスキャンダルの数々を引き起こし、その最たるものは、殺人事件です。クルーザーでのヴァカンス中にお隣のクルーザーの若者がうるさかったという理由で銃で殺してしまったのです。まぁ、言い訳は色々としていたようですが、正直とてもまともな人物には見えないので、殺そうと思って殺したというのが真相だと思います。
でも、結局、過失が認められて無罪になりました。

エマヌエレ・フィリベルトはスイスのジュネーブで生まれ育ち、イタリア人でありながら旧王族の男性であるため、イタリアの地を踏むことが出来ませんでした。
父親は旧イタリア王家とはいえ、なんだか品もなく、ほとんど犯罪者・・
ただ、母親が有名な実業家の娘でなかなか頭のいいやり手な女性だったというのが幸いして、なかなかの好青年に育ちました。

そんなサヴォイア家の男性たちのイタリア入国が認められたのが2002年です。
その後、エマヌエレ・フィリベルトは、ローマのサンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会にて、フランス人(大して美しくもない一般人)と結婚しました。今では2人の女の子に恵まれています。
現在、37歳、今年の6月に38歳になります。

そんなエマヌエレ・フィリベルトが、歌手デビューをして、土曜の夜にフィナーレを迎えたサンレモ音楽祭に参加という快挙を果たしたのです♪
トスカーナの歌手PUPOとテノール歌手とのトリオで♪





c0206352_419396.jpg

「PUPO(プーポ)とエマヌエレ・フィリベルトとテノール歌手ルーカ・カノニチ」
歌は、王子が作詞した「ITALIA AMORE MIO」(イタリア、アモーレ・ミオ)

舞台に登場したとたん、客席からのものすごいブーイング♪
マスコミにはたたかれ、審査員からも当然落とされたのですが・・・
視聴者からの圧倒的な電話投票のおかげで、再選され、勝ち抜いていき、結果的にフィナーレ最後の3曲に到達してしまったのです。

私は、ここ10年以上、サンレモ音楽祭には興味がなくなり全く見ていなかったのですが、あまりにも物議を醸し出していたので、元来ミーハーな性格のため、俄然興味が沸いてきて、ついつい土曜日のフィナーレを見てしまいました♪(笑)

だって、TVのニュースでもマスコミ各社へのインタビューがあったりして、「もし、王子が優勝なんてことになったらハンストする」なんて言い出す人もいるし、10人中10人が「あれはひどい!」と厳しいお言葉♪どんな歌なのかと、かえって興味が出てくるのは仕方ない・・






c0206352_4384893.jpg

歌を聴いた第一印象は・・
どこが悪いの!?

王子が一人で歌っているわけではないし、プーポは20年のキャリアのある歌手、テノール歌手も素晴らしい歌唱力だし、王子だって、そんなに悪くない・・

一昔前の歌っぽいけど、「イタリア、アモーレ・ミオ」(イタリア、我が愛)って歌詞も愛国心に溢れているし、イタリア人だったらグッと来るはず♪

よく分からないけど、政治的な意味合いでのブーイングもあったようです。
サヴォイア家に良い感情を持たない人は今でもいるということ。
プーポは現政権の支持者、右寄り。
旧イタリア王家も右寄り。
ジャーナリストには左寄りが多いからでしょうか!?

それでも、TVの視聴者からの電話投票で、優勝には至らなかったものの、2位に位置づけました。勢いがあったから、もしや優勝!?とも思ったんだけどな~




ブログ村のランキングに参加しています♪
応援クリックをよろしくお願いします♪
ここの下をポチッとね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
by mayumi-roma | 2010-02-22 04:52 | ひとりごと、考えること

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma