イタリアの高校・・
c0206352_852695.jpg

息子の学校。

今週は、学校参りが毎朝入ってます・・
イタリアの学校は、登校時刻と下校時間以外は、門がかたく閉ざされています。
入るためにはインターフォンを押して、何者か名乗らなければ開けてくれません。

月曜日は、科学の先生。
火曜日は、イタリア語&ラテン語の先生と数学&物理の先生に会ってきました。
水曜日は、英語の先生と哲学&歴史の先生に会いに行きます。

イタリアの学校は、たとえば高校なら、5年間持ち上がりで、先生は変わるものの、クラスメートは同じです。息子が1年生の時には24人いたクラスメートが、今では9人になってしまいました
最初の3年の間で、15人、落第したからです。
イタリアの学校の厳しさは半端なく、想像を絶するものがあります。
入試がない分、淘汰が厳しいわけです。

もちろん、9人ではクラスが成り立たないので、3年にあがる時に、同じように半分になってしまった他のクラスと統合されて、クラスの人数そのものは19人います。

小中高を通して、1クラスの人数は20人前後と定められているイタリアは、少子化ということもあるけど、伝統的に少人数教育のようです。

進学を前提にした、いわゆる普通科の高校は2種類あって、文系と理系に最初から別れます。
ウチの子は理系・・
ただ、理系とはいえ、お国柄、ラテン語(イタリア語の古語みたいなものです)は5年間必修!
歴史も5年間の必修!
哲学も3年次から3年間の必修科目となっています。
英語に至っては、英語の勉強をするのは最初の2年だけで、3年次から英文学の授業になってしまいます。
でも、子どもたちに英文学を理解する英語力なんて備わっていないと思います。

とにかくやたらと難しいことばかりをするんです!
そして、それが、
イタリアの学校ってこんな難しいことをやるのよ!
すごいでしょ!?
世界で一番レベルの高い学校だわ!
という、奇妙な自尊心になっているのです。

50年前ならともかく、時代錯誤なんですよね~
古典を重んじるのは分かるけど、理系の高校でありながら、実験等の実践はいっさいしない・・


そして、成績も相対評価は取り入れてないので、大変厳しいです。
10点満点方式で、6点が可になるのですが、9や10を取れる子は大げさに言えば天才のみ。
一般的に6が取れればいいと言う考え方で、7や8がついたら飛び上がって喜ぶみたいな・・
しかし、そのような評価は世界には通用しないのです・・

息子のクラスにイギリスのブリストル大学を受験した子がいたのですが、もちろん書類審査の段階で落とされました。
ブリストル大学は、ケンブリッジとオックスフォードの次に位置する難しい大学ですが、その子はTOEFLのスコアが106点(今は120点満点となっています)あったんです。結局、イタリアの成績評価が世界のスタンダードではないので、内申が悪いと見なされたのだと思います。

この問題は、ウチの場合にも当てはまってくることなので、私は、先生方に海外の大学を受験するので考慮して欲しいとうことを、上品かつエレガントに伝えているわけです。相手によっては言えない先生もいますけどね。
それに、だからと言って、おまけしてくれるわけでもありませんし・・

イタリアの大学への進学は、国家試験としての高校卒業の統一試験の結果がものを言い、あとは入学試験だけなので、学校の成績はいっさい関係ないのです。
だから、先生方も良い点をつけるよりは、辛い点数をつけるのです。
それが、子どもたちのやる気に繋がると固く信じているみたいな・・
でもね~、褒められて伸びる子もいるんですよね~、ウチみたいに!

まったく~~
先生方には推薦状も書いてもらわなければならないのに~
(それも伝えてきました)

イタリアの現地校から海外の大学を受験するということは本当に大変です。
まず、学校側がそういうことに経験がなく、必要な種類について全く無知であるため、1から説明しなければならないし、書類の作成に当たってはノウハウもなく、こちらが細かく注文しなければならない・・
しかも、日本の大学の要求するものって、帰国枠の場合は、本当に細かいんです・・

あ~~、考えただけでものすごい疲労感・・




ブログ村のランキングに参加しています♪
応援クリックをよろしくお願いします♪
ここの下をポチッとね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
by mayumi-roma | 2010-02-17 08:39 | 息子・私・家族のこと

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
遠近法の不思議♪
at 2017-05-28 05:36
妹分たちと楽しいランチ会@ビ..
at 2017-05-27 07:15
ピエタ By カラッチ♪
at 2017-05-26 05:40
ディオールの美白化粧品♪
at 2017-05-25 05:50
やる気の出ない日・・・
at 2017-05-24 04:54
ポットラック・パーティ♪
at 2017-05-23 04:04
ローマのマルタ騎士団♪
at 2017-05-22 03:17