フィレンツェ散策・・

フィレンツェ日記の最後です♪

フィレンツェの街は小さくて、見所は全部歩いて回ることが出来ます。
可愛らしく洗練されている街なので、ただフラフラと歩くだけでも楽しい所です♪
ただ、美術館は午前中(14時まで)だけの公開になる所がほとんどなので、これまでに何十回も訪れている私ですが、まだまだ行ってない所がたくさんあります。


c0206352_417673.jpg

サン・ロレンツォ教会
フィレンツェの繁栄を招いた、かの有名なメディチ家の菩提寺です。
正面は完成されることはありませんでした。





c0206352_418508.jpg

教会付属のメディチ家の礼拝堂にあるミケランジェロが作った2つのお墓。
(1520~33年)





c0206352_6264142.jpg

ロレンツォ・メディチ(ウルビーノ公)のお墓
フィレンツェの繁栄の絶頂を極めたイル・マニフィコ(偉大な男)と同じ名前であるため、誤解する人もいますが、その孫にあたります。
お墓を飾るミケランジェロの彫刻は、「黎明」と「黄昏」





c0206352_5491052.jpg

ジュリアーノ・メディチ(ヌムール公、イル・マニフィコの息子)のお墓
両側の彫刻は、もちろんミケランジェロ作で、「昼」と「夜」




c0206352_614832.jpg

シニョーリア広場のヴェッキオ宮殿
フィレンツェ共和国の政治の中心だった所です。
力強いゴシック建築です(1298~1314年)
昔、宮殿内部のサローネ・ディ・チンクエチェント(1495年)を見学しましたが、
素晴らしいですよ♪





c0206352_673174.jpg

シニョーリア広場の「ネプチューンの噴水」(1563~75年)




c0206352_695457.jpg

ヴェッキオ宮殿入り口にあるミケランジェロの「ダヴィデ」像
ただし、これはコピーで、本物はアカデミア美術館にあります。





c0206352_612775.jpg

シニューリア広場の「ロッジャ」
14世紀後半のもので、儀式に使われていましたが、現在は彫刻廊のようになっています。
どの彫刻も有名な作品のコピーです。




c0206352_6155135.jpg

あの有名なウフィッチ美術館
名前が示すとおり(ウフィッチはオフィスのことです)、かつてはトスカーナ公国時代のメディチ家の事務局でした。




c0206352_6282434.jpg

ヴェッキオ宮殿とウフィッチ美術館は、このように昔から繋がっていました。




c0206352_632119.jpg

アルノ川にかかるフィレンツェ最古の橋、「ポンテ・ヴェッキオ」(古い橋という意味です)
1345年のもの。
2階建てで、橋の両側には貴金属のお店が立ち並びます。

フィレンツェといったら、貴金属と革製品が有名ですものね♪



フィレンツェ、ルネッサンスの花の都♪
ローマから近いのに、今では、用事がないとなかなか出かけなくなりました。
ローマとは全く別の魅力のあるこの街・・
久しぶりにこの街を歩いて、今度はゆっくり来たいな~って思いました♪




ブログ村のランキングに参加しています♪
応援クリックをよろしくお願いします♪
ここの下をポチッとね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
by mayumi-roma | 2010-01-30 06:43 | フィレンツェ

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma