フィレンツェ、サンタ・クローチェ教会。お墓参り・・!?

今日は、フィレンツェのサンタ・クローチェ教会の紹介です♪

c0206352_243261.jpg

サンタ・クローチェ広場から見た教会。
サンタはセイント、聖という意味。
クローチェとはクロス、十字架のことです。
1294年、アルノルフォ・ディ・カンビオによって設計されました。




c0206352_248655.jpg

教会を前にして、広場の右手にある建物。
フレスコ画が施されているので、ただものではない!という雰囲気なのですが、
おそらく教会関係の所有だと思われます。




c0206352_255535.jpg

サンタ・クローチェ教会
私が最後に訪れたのは、もう10年以上前かな~
すっかり様変わりしていました!
普通、教会に入るのに入場料を取るところなんてないのですが、
ここは5ユーロの入場料を払います。
でも、これは付属の美術館も込みの値段なのです。
昔は、美術館を見たい人だけがお金を払って入りましたが、教会そのものは無料でした。
う~ん、なかなか商売上手ですね・・




c0206352_2595089.jpg

教会の内部の様子
ステンドグラスはありますが、全体的に質素で素朴な感じです。




c0206352_311470.jpg

教会内にあるバルディ礼拝堂。
ジョットのフレスコ画があります。
サン・フランチェスコの物語を描いたものです。
一部まだ修復中ですが、このようにちゃんと見ることが出来ます♪




c0206352_34283.jpg

作曲家、ジョアッキーノ・ロッシーニのお墓。
真ん中のものがそうです♪





c0206352_392997.jpg

「君主論」で有名なマキャベリのお墓。
このように、この教会の中には、フィレンツェにゆかりのある著名人のお墓がたくさんあります。残念ながら、「神曲」を書いた「フィレンツェの顔」とも言うべきダンテ・アリギエリのお墓は修復中でした。





c0206352_3111743.jpg

こちらがミケランジェロのお墓です。
ヴァサーリの作品。
ヴァサーリは自らも芸術家でありましたが、
ルネッサンス期の美術評論家としても有名で、たくさんの著書を残しています。





c0206352_3114154.jpg

ミケランジェロのお墓をズーム♪





c0206352_3154794.jpg

もう一人、偉大な人物が・・!!!!
ガリレオ・ガリレイ!
「それでも地球は回っている!」の名ゼリフで、教会と対立したのに、
ちゃんと教会の中にお墓を作ってもらっていたんですね♪

ガリレオの名誉回復に関する記事を過去に書いていますので、こちらからどうぞ♪
ガリレオの過去の記事ここをクリック♪





c0206352_3175432.jpg

ガリレオのお墓もズーム♪
さすが天文学者ですね~
空を見上げる風情。
手には天体望遠鏡が・・・




c0206352_3254925.jpg

教会付属の修道院の中庭。
この教会はかなり規模が大きいのです。





c0206352_3272283.jpg

もう一つの中庭。
こちらは小さめで、いわゆるパティオという雰囲気です。




c0206352_3282849.jpg

教会付属の美術館で最大の作品。
ルネッサンスの黎明期、チマブエのものと言われています。




c0206352_3353161.jpg

中庭から見た教会。
ライトアップが綺麗でした~♪

イタリアって、どこにいってもそうなんですが、
教会が美術館というか歴史というか、必ず見所があるんですね~♪

ですから、イタリアを旅行される方は、教会を外から眺めるだけでなく、
中に入って見学したほうがいいと思います♪
きっと何か発見があるはず♪



ブログ村のランキングに参加しています♪
応援クリックをよろしくお願いします♪
ここの下をポチッとね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
by mayumi-roma | 2010-01-29 03:43 | フィレンツェ

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma