BENOIT(ブノア)パリ本店でのお食事♪
もう何度も何度も私のお誕生日の話をしているので恐縮なのですが、パリのBENOIT(ブノア)でのお食事の様子を書き留めておきたいので、ごめんなさ~い♪

1月8日は、私のお誕生日でした♪
パリに旅行中だったので、念願のBENOIT(ブノア)パリ本店で記念のお食事をしました♪
もちろん、ランチです・・
ディナーだったら、どれだけお財布が薄くなったか分かりませんもの~~

東京のブノアは、ディナーも良心的な値段設定がされていますが、パリは物価が高いし、
何にでもEXTRAがプラスされて・・
ワインだけで、軽く、お食事そのものの料金を超えてしまいました~


c0206352_23582655.jpg

BENOIT(ブノア)パリ本店 
20 Rue St. Martin
1912年創業のビストロ♪
Alain Ducasse(アラン・デュカス)が2005年に買い取りました♪
それ以来、快進撃で世界中を席捲しているのです~
日本だけでなく、ニューヨーク店もありますし♪




c0206352_0142589.jpg

Bの文字が入ったお皿は、もうおなじみですね♪
可愛い~~♪




c0206352_0151893.jpg

メニュー
アラカルトもありますが、デジュネというランチのプレフィックスメニューが一番お得♪
アントレ(前菜)とプラット(メイン)とデザートのセットで34ユーロ(約4500円)♪
でも、この料金でランチを食べられると思ったら大間違いですよ♪
選んだお料理によってはEXTRA料金が○○とあったり、ワインやミネラルウオーター、コーヒーは全て別料金ですから・・
ワインなしでフレンチを味わうことは絶対に無理ですし~




c0206352_0224017.jpg

まずは、ワインの選択。
ブルゴーニュの2004年、
Morey Saint-Renis Les Charriere Alain Michelot をハーフで♪
もちろん、ハーフボトルなんてありませんから、1本を開けて半分デキャンターに注いでくれるのです♪
息子は、白ワイン(シャルドネ、詳細は覚えていません)をグラスで。
なんと、息子のワイン、グラス1杯が17ユーロ(約2200円)♪
お水は、スパークリングタイプのものを♪

念のため、記しておきます。
ヨーロッパでは18歳からお酒が飲めますので、既に18歳になった息子がワインを飲むのは違法ではありません。




c0206352_02752100.jpg

チーズ味のとっても美味しいお通しが・・




c0206352_0312328.jpg

アントレには、3人とも、カリフラワーのクリームスープを選びました♪
実は、私たち、フォアグラが大の苦手・・
だったらフレンチに来るな!という話ですが・・

寒い日だったので、スープで身も心も暖まろうと♪
大正解♪
なんとも上品なお味で、カリフラワー独特の匂いもなく美味しく頂きました♪
好き嫌いの多い息子も気に入ったようです。

お隣のテーブルにいらっしゃった初老のご夫妻が、いったい何者だろう!?という雰囲気を漂わせる上品な方々。実は、その紳士が、イタリア語に堪能で、自ら申し出て下さって、お料理選びを手伝ってくれたのです♪




c0206352_0373764.jpg

私がメインに選んだのは、お魚料理♪
タラのグリルです♪
塩加減もちょうど良くて、ムール貝やポテト、マッシュルームで彩られ、淡白なタラが生まれ変わったようなお味♪




c0206352_0513834.jpg

こちらが、我が家の男性陣が選んだ牛肉のブラサート。
赤ワインで何時間も何時間も煮込んだものです。
北イタリアにもこのお料理はありますが、全く比較にならない美味しさだったそうです♪
頬っぺたが落ちる感じなのかな~!?




c0206352_056597.jpg

ブノア店内の様子。
ランチタイムは1階だけを開放しています。
お昼も夜も、予約は不可欠です。
私はブノアのHPから予約しました。
外国人客は私たちだけでした。

お隣の紳士が「このレストランに来るなんて、いい選択をしましたね」とおっしゃって、奥様が「家族の写真を撮りましょうか?」ってカメラのシャッターまで切って下さったんです♪
素敵なご夫妻でした~♪




c0206352_123250.jpg

デザートに私が選んだのは、ケーキ♪
一つだけかと思ったら3種類のセットですって~
こんな大きなケーキ、3つも食べられな~い。
手前左がアップルケーキ、右がチーズケーキ、奥がチョコレートケーキです♪
とっても美味しいんですけど、私は一口だけにして、あとは我が家の男性陣に食べてもらいました。




c0206352_162488.jpg

こちらが、夫が選んだサヴァラン、生クリーム添え。
サヴァラン(イタリア語ではババと言います)に目がない夫は大満足♪




c0206352_175675.jpg

息子は、シャーベット♪
またまた3種類♪
なんだか、全てがビッグサイズで、女性には全部平らげるのが大変です♪




c0206352_195194.jpg

食後のコーヒーは別料金です。
マカロンとチョコレートが付いてきました~♪
これは、LADUREE(ラデュレ)でも同じでしたね。

ブノアでは、このマカロンとチョコレートの他に、出来立ての、型にはまったままのマドレーヌをサービスしてくれるのですよ。





c0206352_1115859.jpg

お手洗いは、2階です♪
真ん中がドアです。
両脇が鏡張りになっていますので、ドアが反射して映っているだけです。




c0206352_1134187.jpg

お手洗いに行ったついでに2階のサロンを拝見♪
1階とは全然雰囲気が違います・・




c0206352_1143938.jpg

こちらも同じ2階のサロン。
それほど大きくはありません。

お誕生日をパリで過ごせたこと、ブノアでお食事出来たこと、本当に良い思い出になりました♪
あと、息子にも、こういう場所での約束事を学ばせる良い機会になりました。

ワインの種類によってグラスが変わること、注文したワインを味見した後にOKサインを出すこと、恥ずかしながら何も知らなかった息子です。
イタリアはもっとカジュアルですからね~

ブノアのサービスは、かゆい所に手が届くようなもので、完璧でした。
お客さまに楽しい時間を過ごせてもらえるようなホスピタリティにあふれていました♪
こういうお店のギャルソンは、修行を積まないとお店には立たせてもらえないのだろうな~と思いました。
私たちの担当はイタリア語も少し出来る可愛い女の子でしたが、帰り際に、彼女が、私たちが預けたコートを持ってきて着せてくれる時に、さりげなく紙幣のチップを渡したのは言うまでもないことです・・




ブログ村のランキングに参加しています♪
1日1クリック、応援クリックをよろしくお願いします♪
↓こちらの下から~クリック♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
by mayumi-roma | 2010-01-18 01:57 | 大好きなパリ♪

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
サンタ・マリア・ソプラ・ミネ..
at 2017-04-25 03:39
お買いもの♪
at 2017-04-24 00:11
ネットが相変わらず・・・
at 2017-04-22 22:31
イライラの日々。
at 2017-04-21 19:47
夏のバカンス♪
at 2017-04-20 05:38
お気に入りのカフェ・レストラ..
at 2017-04-19 05:53
スペイン階段は花盛り!?
at 2017-04-18 06:45