我が青春のマイケル・ジャクソン 「THIS IS IT」


マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」見てきました~♪
2週間だけの限定公開だっていうし、見れるときに見ておかなきゃ・・と思って、昨日の月曜日、
午後一番の回に入ってきました。
息子を送って行くついでの待ち時間を利用してね♪



c0206352_6355350.jpg

イタリアって、映画館が開くの、午後4時前後なんです。
(例外的に、2,3の映画館では、日本のように朝から上映している所もありますが・・)
だいたい、そんな時間に映画に行く人なんていないから、料金も安くなるんですよ。

日本で映画を見るのは高いですよね。
前売り券を買うか、レディースデイに行くしかないですね(笑)
こちらは、普通料金で7,5ユーロ(1000円くらい)。
夕方は安くなるので6ユーロ(800円くらい)。



c0206352_643644.jpg

最初は私一人の貸切状態!
10分ほど過ぎたあたりで、「え~っ、なんでこんなおばあさんが・・」と思うような白髪の
おばあちゃま二人組が入ってきました。



c0206352_6441055.jpg

ロック少女だった私は、もっぱらUKロックを聴いていました。
ごくわずかのアメリカンロックとともに・・
ポップスはあまり好きではありませんでした・・
でも、でも、マイケルだけは違うのです。

あの「スリラー」の衝撃!
映像と歌とダンスを一体化させた初めてのシンガー&パフォーマー!
六本木で華やかなナイトライフを楽しんでいた頃の、私の青春時代の象徴!!

「スリラー」は、何度見たことか分かりません。

ロンドンに行ってからもビデオやMTVを見ていました。
イタリアに来てからもコンサートに行きました。

プレスリーの娘と結婚した時は嬉しかったな~
こんな最高のカップルってないじゃないの!と思った・・

そして、時の流れと共に、彼の奇行だけが注目されるようになり、ほとんど犯罪者扱い・・

マイケルは優し過ぎたんですね・・
人と争うことを好まなかった・・
それなのに、そんな彼を本当に理解して愛して支えてあげる人に恵まれなかったことが
不憫でたまらない・・

今、彼の突然の死によって、全て美化され、神格化されていますが、彼が生きている間に
同じような賞賛を送っていたら・・と思わずにはいられません。
でも、皮肉なようだけど、この死がなかったら・・
相変わらず奇人変人扱いされていたのかもしれません。

私自身、ずっとマイケルのことを忘れていました。
でも、4,5年前に、ふとマイケルのダンスが見たくなって、DVDを2枚買っていたんです。
そして、去年、スリラー発売25周年記念という特典DVD付きのCDアルバム発売のお知らせが、
Amazonから来たんで注文していたんですね~。
偶然と言っていいのかな~
その後、まさか亡くなってしまうなんて~

映画を見て、まず、彼の優しさを痛感しました。
彼は誰に対しても腰が低いんですね。
彼の中では上下関係なんて存在しないようです。
そして、人に対して、動物に対して、植物に対して、地球に対して・・
彼の愛は普遍的なんです・・

本当に50歳ですか?
あのしなやかな身体の動きとダンスの素晴らしさ♪
声も綺麗で可愛らしいままでした♪
本当はとてもシャイな人なのに、舞台に立つと別人になる独特の歌とダンスも健在♪
仕事に関しては完璧主義者でしょうね。
音や照明に関して、自分なりの魅せ方というか、こだわりのある人・・
天才だと思いました・・

幻のロンドン公演が実現していれば、間違いなく伝説のライブとなったことでしょう・・
つくづく残念でたまりません・・



ポチッとクリックをお願いします♪
にほんブログ村 イタリア情報
by mayumi-roma | 2009-11-10 07:26 | 映画・音楽・本・イベント

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。