パスポート紛失!!



パスポートをまさかの紛失!
といっても、私ではありません。
息子の話です・・

彼はもちろん二重国籍ですが、なくしたのは日本のパスポートです。

先日、アメリカの英語能力テスト:TOEFL(トーフル)を受けたんですが、これは、日本の大学を受験するために必要なものなので、日本の名前(つまり私の苗字)で登録してありました。
息子は、日本の大学を、外国人としてではなく、日本人として、帰国子女枠で受けるからです。

そんなわけで、試験会場では、本人確認のため、日本のパスポートが必要だったのです。
それがなければ、絶対に試験は受けられないのです。
注意事項にもしっかり書いてありますし・・

ところが・・

会場に着いたら、パスポートがなかったと、泣きそうな声で電話が・・

パスポートは試験登録証と一緒に透明な袋に入ってましたが、パスポートだけがないと・・

バイクの中にしまっていたから、落としたとしたら、アパートのドアからバイクまでの10mほどの距離か、試験会場でバイクを止めた所から会場入り口までの10mの距離の間しか考えられないというのだけど・・
私は目の前が真っ暗になりました・・

だって、もう絶対、試験は受けられない・・
トーフルの受験料って異常に高くて日本円に換算すると22000円くらいするんです・・
それに、息子は、この日のためにしっかり勉強も続けてきたのに・・
全てが水の泡・・・・

「会場の人に、一応、事情を説明して、二重国籍ということを話して、苗字は違うけどイタリアのIDカードを見せなさい」と言いました・・


結果・・
この日ほど、イタリアのアバウトさに感謝したことはありません!!
いつも、このアバウトさにブツブツ文句を言っている私ですが、こういうアバウトさに救われることもあるんだ・・と実感!!

通常ではまずあり得ないと思いますが、ローマだからでしょうね~
この話をした、かつてフィレンツェに住んでいたお友だちは、「フィレンツェではダメだったと思うよ・・」とビックリしていました。

だって、試験のために登録した人物とは、苗字も国籍も違うんですよ~
息子の話に寄ると、「苗字は違うけど、下の名前が同じだし、生年月日と住所も同じ、写真も同じ顔だから、OK!」と言われたそうです・・


まぁ、ひとまず安心しましたが、パスポートの再発行がまた面倒くさい・・
まず、警察に紛失届けを出して、証明書をもらわなければならないし・・
で、行ってきました・・



c0206352_6105414.jpg

ウチの近所の警察




c0206352_611962.jpg

出入りする人をチェックするモニター室
チェックした後でドアを開けてくれるのです・・




紛失証明書を作ってくれたのはいいけど、これまたアバウトな対応で、こっちは日本のパスパートで苗字は日本名だと散々説明したのに、結局、イタリア名しか書いてなくて、「日本の」は入ってなかった・・
トホホ・・
日本大使館に文句言われなきゃいいけど・・


あとは、紛失再発行の場合は、戸籍謄本か戸籍抄本もいるそうで、日本からの取り寄せが親がかりになるし、大変だわ~~


ちなみに、紛失した息子のパスポートの行方は・・!?
拾った人が警察に届ける可能性はゼロですね~
まぁ、闇ルートで、誰かに売られた可能性大というところか・・
日本のパスポートは、ビザなしでどこにでも行けるから高く売れる、と聞いたことがあるし・・
闇ルートで不法滞在の中国人に売られたらどうしよう~~とか、ちょっと心配!
皆さん、パスポートの紛失、盗難には気をつけましょうね♪



ブログ村のランキングに参加しています♪
応援クリックをよろしくお願いしますおんぴ
ここの下をポチッと♪
にほんブログ村 海外生活ブログ
にほんブログ村 イタリア情報
by mayumi-roma | 2009-11-06 06:27 | 息子・私・家族のこと

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma