聖テレーサの恍惚

最近のローマは、夜になると雨が降り始め、一晩中カミナリを伴った大雨が続き、
朝になると曇り空・・
秋はいつもこんな感じなんですが、やっぱり、ローマには青空が似合う!

さて、今日は、私のロゴに使っている画像についての説明を・・。
これ、大好きな彫刻なんです。
c0206352_1315068.jpg

            ↑聖テレーサの恍惚(ベルニーニ作)@勝利の聖母教会

ローマはバロックタウンと言われますが、そのバロック時代の巨匠、ベルニーニの作品です。
バロックは、ルネッサンスの影に追いやられて、過小評価されていますが、私は大好きです!
特にベルニーニの彫刻と建造物には、ハッとするような感動を覚えます。
彼の素晴らしさは、彼の設計したサン・ピエトロ広場に立っただけで分かります。
楕円形の広場にある二つの焦点に立つと、広場を取り囲む回廊の円柱が一つに重なって見えるように設計されているのですから。

ローマの街にある数え切れないほどの教会。
これらの多くは、バロック時代(日本で言えば安土桃山時代、華美な装飾が好まれた時代です)に建てられたものです。
この「聖テレーサの恍惚」も、勝利の聖母教会にあるのです。
c0206352_1454111.jpg

            ↑S.Maria della Vittoria (勝利の聖母教会)

c0206352_2361282.jpg

          ↑「聖テレーサの恍惚」の全体像

雲の上に座り、神のいる天を仰ぎ、目を閉じて唇を半分開いたまま、その時を待つ修道女、聖テレーサ。その聖テレーサの前に立つ天使。彼女の心臓を射抜かんがために、金の矢を振り上げる天使の姿。謎めいた微笑を浮かべながら、勝ち誇ったような顔をしている美しい青年天使。

「ある日、想像を絶するような美しい天使が私の目の前に現われました。彼の手には金色の矢がありました。そして、矢の先には真っ赤な炎が燃えているようでした。天使は、この矢を、何度も何度も私の心臓に突き刺すのでした。私を完全に貫くまで何度でも。苦痛は現実のものとなり、私は苦悶の声を上げる・・。しかしながら、それは、同時に、非常に甘美なものでもあったのでした。この苦痛から解放されたくない、と望むほどに・・。いかなる地上の喜びも、これほどまでの満足感を与えることは出来ないでしょう。天使が矢を引き抜いた時、私は神の愛と一体化したことを悟りました。」
(聖テレーサの自伝の一部を私が自ら訳しました)

聖テレーサは、1622年にバチカンより聖人として認められたスペインの修道女です。彼女は、自身で自叙伝にも書いてあるように、何度も不思議な霊体験をし、それによって神との神秘的な結合を成し遂げたのです。これを、人は奇跡と呼ぶようです。

彫刻の後方にある神の後光の部分も、もちろん作品の一部です。

聖テレーサが神と奇跡の結合を遂げた瞬間!
その瞬間をベルニーニは、非常に上手く表現していると思いませんか?
聖女とは思えないほど、官能的に・・

私にとっては、この作品がベルニーニの最高傑作というわけではないのですが、天使の顔に思い入れがあって、この作品の画像を私のロゴにしているのです。
その思い入れが何であるかは、秘密です!
by mayumi-roma | 2009-09-17 02:05 | ローマの美術散歩

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma