カラヴァッジョ最後の作品@ナポリ・トレド通り♪
c0206352_02172829.jpg
ナポリ、トレド通り♪
大きな通りがまっすぐに続く繁華街です。
ローマより洗練されているかも・・・
ゴミ、落ちてないし。

しかし、このトレド通りに沿った丘側一帯(写真でいうと道路の右側)が悪名高いスペイン地区なので、入らないのが無難です。
でも、トレド通りから入り口を目にする限り、全然怖そうじゃなかったのですけど・・・






c0206352_02210074.jpg
スペイン地区入り口その1♪
ナポリは丘の町なんだな~






c0206352_02261000.jpg
スペイン地区入り口その2♪
たぶん、トレド通り沿い、スペイン地区の入り口にあるお店には入っても大丈夫なのでしょう。





c0206352_02274916.jpg
スペイン地区入り口その3♪
入って見たくなったけど、一人だったし、万が一があっては困るから、カメラで撮るだけにしました。
スペイン地区の道路は碁盤目のようになっているので、トレド通りには無数の道で繋がっています。
ご紹介したのは、あくまでも一部です。






c0206352_02290433.jpg
Palazzo Zevallos Stigliano(コロンナ・スティリアーノ宮殿)♪

トレド通りに来たのは、こちらが目的です。
この建物は17世紀初頭に建てられたもので、現在はサンパオロ・インテーサ銀行の所有となっていて、素晴らしい美術館となっています。
ここに、カラヴァッジョ最後の作品と言われる「聖ウルスラの殉教」があるのです。
ちなみに、サンパオロ・インテーサ銀行に口座を持っている人は、無料で美術館に入ることが出来ます。






c0206352_02404914.jpg
一歩中に入って見て、あまりの美しさにびっくりです。
なかなか、こんなに綺麗にしている美術館はないと思います。






c0206352_02430086.jpg
ナポリなんて~と思っていた方、考えを変えて下さいね♪(笑)






c0206352_02454155.jpg
19世紀のポジリポ派のナポリの画家、フェルゴラの展覧会を開催していましたが、そちらはざっと見ただけで、常設展へ向かいます。






c0206352_02514679.jpg
見たかったアルテミージア・ジェンティレスキ(カラヴァッジョの友人だったオラッツィオ・ジェンティレスキの娘で、史上初のレイプ裁判を起こした女流画家)の「サムソンとダリア」(右下)とルイ・フィンソンの「ホロフェルネスの首を斬るユディット」(真ん中)です。

カラヴァッジョが描いた「ホロフェルネスの首を斬るユディット」は、ローマのバルベリーニ宮殿にありますが、カラヴァッジョは、その後、同じ主題でもう1点、絵を描いていました。
残念ながら、現在それは紛失してしまっており、その絵がどんなものだったかを知るためには、それを忠実に模写した作品を見るしかないのです。
その唯一残った模写作品が、ルイ・フィンソンのものなのです。
バルベリーニ宮殿のものとはかなり違います。





c0206352_03004532.jpg
カラヴァッジョの最後の作品「聖ウルスラの殉教」です♪
画面はかなり暗く、修復されたばかりとはいえ、絵が痛み過ぎていたため、はっきりしない部分もありますが、素晴らしいです。





c0206352_03042606.jpg
いやぁ、本当に素晴らしい表現力です♪

カラヴァッジョファンは、是非ナポリに行って、3点の傑作をご覧くださいね♪


Palazzo Zevallos Stigliano
Via Toledo 185, Napoli
月曜閉館
火~金:10:00~18:00
土・日:10:00~20:00
入場料:5ユーロ

荷物はすべてロッカー(無料)に預けなければなりません。
写真撮影のカメラと携帯は持っていて大丈夫です。
フラッシュなしの撮影OK.

2つのブログランキングに参加してます~
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます。
アマゾンはこちらから~♪

# by mayumi-roma | 2017-03-24 03:16 | ナポリ、ナポリ♪
ナポリのデクマーノとピッツァ♪
c0206352_22345771.jpg
ナポリ、トリブナーリ通り♪

ナポリの古名は、パルテノペ♪
この通りは、ナポリのいわゆる「デクマーニ」(decumani)の核をなす通りです。
デクマーニは、紀元前6世紀に古代ギリシャがナポリを植民地とした時代に築いた3つの道路なのです。
単数形では、デクマーノ♪
その中で最も大切な道路が、このトリブナーリ通りなのです。

ピオ・モンテ信心会のカラヴァッジョを見たあと、ひたすら、この道を歩きました。
すっごく長いです。







c0206352_22363729.jpg
ローマより古い旧市内、歴史的地区です。
古代ローマ時代になってからも、古代ギリシャの整備した道はそのまま使われ、そして、現在に至るわけです。







c0206352_22370446.jpg
歴史的地区なのに、近年の財政困難からか、まったく修復されていないので、かなり荒んだ印象は否めません。
一瞬、危険な地域?のようにも見えますが、その心配はありません。
なかなか風情のある通りです。
そして、この通りには、有名なピッツェリアも多いのです。







c0206352_22354489.jpg
「Da Matteo」(ダ・マッテオ)
お昼前だったので、まだ人はいませんが、お持ち帰りのピザを買う人が行列をなすピッツェリアです。
お店の間口が小さいのでよく分かりませんが、もちろん、中で座って食べることのできるピッツェリアです。








c0206352_22360329.jpg
立ち食いの嫌いな私ですが、ナポリっ子みたいに立ち食いしました♪
ライスコロッケのトマト味、ローマではスップリというのですが、ナポリではアランチーノ・ロッソと呼ぶようです。
1.50ユーロだけど、とっても大きくて、中身もローマよりゴージャスで、ひき肉やグリンピースがたっぷりでした(笑)。
美味しかった~

そして、このお店の名物という「ピッツァ・フリッタ」も食べてみました。
ナポリの人は、これを買って食べながら歩く人が多いです。
ふんわりしていながらモッチリというナポリお得意の食感です。
食べているうちに、中からリコッタが出てきました。
わずか1.50ユーロで、ものすごいボリュームなので、日本人に完食は難しいかも・・・
胃袋がイタリア人化しているわたくしは、もちろん完食。
でも、しばらく、この種のものは食べたくない気分です。
ふんわりしていても、揚げ物は揚げ物ですから・・・






c0206352_22373297.jpg
そして、ここ!
12時だというのに、物凄い行列ができています。
近年、ナポリでナンバーワンという評判のピッツェリア♪
「Sorbillo」(ソルビッロ)です。

カポディモンテ美術館で偶然会ったお友だち一家は、ここでピッツァを食べるのも目的の一つだったとか・・・
私も次回はここに行こうっと♪





c0206352_22380976.jpg
国立考古学博物館♪

ナポリのデクマーノ、トリブナーリ通りを延々と歩いて、適当なところで方向転換してさらにまっすぐ。
国立考古学博物館まで出てきました♪
ここにはポンペイの遺跡から出土した数々の至宝が収蔵されていますが、残念ながら、今回はパス~
博物館の横に、「museo」という地下鉄M2の駅があるので、そこから地下鉄に乗って、トレド通りに向かったわたくしなのでありました。

「Di Matteo」
Via dei Tribunali

「Sorbillo」
Via dei Tribunali 32, Napoli

2つのブログランキングに参加してます~
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます。
アマゾンはこちらから~♪

# by mayumi-roma | 2017-03-23 02:59 | ナポリ、ナポリ♪
ブログのお引っ越しをしたくなった!


c0206352_2241570.jpg
Ponte della Musica(音楽の橋)♪

今日もナポリの記事をアップしようと張り切っていたのに、エキサイトブログでまたもや不具合が発生です。
このブログサービスは、ありとあらゆる不具合が次々に発生して、本当に困ります。
しかも、対応が遅いことがある・・
今回は、写真がまったくアップできないのです。
エキサイトブログさん、しっかりして~

今日は写真なしで愚痴ブログだ~と思ったのですが、いつも写真を入れているブログなのでなんだか寂しい!
そこで、以前、写真だけアップして使わなかったものを入れてみました(笑)。

よく誤解されている方がいらっしゃるかと思うのですが、ブログを書くことが収入になると思っている方、いらっしゃいますか?

確かにそれ目当てで、様々なアフィリエイト(広告)を入れている方もいるでしょう。
でも、普通の人は、日記代わりに無料ブログを使う人がほとんどだと思います。

私の場合は逆!
日記は日記ですが、私の方がブログサービスにお金を払っています。
大半の方のように、無料ブログを使っていないのです。
毎月、エキサイトブログに500円も支払っています。

理由は、写真アップの許容量を無制限にするためとアクセスレポートを見るためです。
エキサイトブログは、お金を払わないと、ちゃんとしたアクセスレポートは見れませんし、ある一定数を超えた写真はアップできなくなります。
それなのに、不具合ばっかりだと、やってられなくなります。

他のブログサービスに変えようかな~と思ったこともありますが、「ローマより愛をこめて」のタイトルに愛着があるし、検索で過去記事を訪ねてくる方も非常に多いので、変えるに変えられない感じ・・・
タイトルと過去記事も含めて、丸ごとお引っ越しできればいいのになぁ・・・


2つのブログランキングに参加してます~
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます。
アマゾンはこちらから~♪

# by mayumi-roma | 2017-03-22 06:57
慈悲の七つの行い@ナポリ・カラヴァッジョ巡礼♪

しばらくは、ナポリの記事が続きます~
c0206352_02384460.jpg
ドゥオーモ通り♪
その名のとおり、この通りにはナポリのドゥーモ(大聖堂)があります。
話が前後しますが、ナポリに着いて最初に見学したのがドゥオーモでした。
やっぱり最初に、ナポリの守護聖人、聖ジェンナーロ様にお参りしないと~♪
ドゥオーモについては、またいつかの機会に。






c0206352_02220981.jpg
ドゥーモ通りを横に入ったトリブナーリ通り♪
一瞬、「大丈夫か!」とドキッとしましたが、大丈夫に決まっています。
ローマの歴史的地区にも、こういう雰囲気のところはたくさんありますから。






c0206352_02444685.jpg
ありました!
目的地のピオ・モンテ・デッラ・ミゼルコルディア♪
ここに、カラヴァッジョの祭壇画「慈悲の七つの行い」があるのです。





c0206352_02485564.jpg
ピオ・モンテ・デッラ・ミゼルコルディアは、17世紀、ナポリがスペインの統治下で非常に厳しい時代、貧者を救うために7人の貴族の若者が設立した慈善団体で、この場所に本拠地を構えるにあたって、カラヴァッジョにそれを象徴する祭壇画を依頼したのでした。
ちなみに、この慈善団体は、現在も活動しています。





c0206352_02503672.jpg
礼拝堂は八角形をしています。
それぞれに祭壇画がありますが、カラヴァッジョは別格♪
カラヴァッジョの「慈悲の七つの行い」を自分の目で見ることができて感激でした♪
画集や本の図版では真っ黒で、ほとんど見えない部分が多いのです。
実際に絵を見ると、様々な点に気づきがあります。
より深く絵を理解することができました♪
1時間くらいはここにいました~
群像構成が天才的♪
本当に素晴らしい表現力です。

この絵をクローズアップすると、解説なしでは理解できないので、この遠景の写真だけでお許しくださいね。
普通の絵なら、これは何々で・・と簡単に触れることもできるのですが、この絵の場合は群像構成が複雑で一言で簡単には説明できず、これを一から説明するとなると、この慈善団体の設立にあたっての聖書の話から始めなければなりません。
また群像構成のそれぞれを解釈を交えて説明すると、それがたとえ私の解説であったとしても、現在私が翻訳中で今年の秋に刊行される本と内容的にかぶる可能性もあります。
さすがに、これから刊行される本の内容とかぶるようなことはブログ上でも公表できませんので。





c0206352_02592872.jpg
この慈善団体の2階は絵画館になっています。





c0206352_03001110.jpg
ここできっと慈善団体の運営に関する会議が行なわれていたのでしょう。





c0206352_03005978.jpg
そして、その2階部分には、礼拝堂のカラヴァッジョの絵を眺められる特別な場所が設けられていました。
美しいソファーつきでしたから、ゆっくり座って上から眺めていたのでしょう。
この絵を上から眺めるというのも、なかなかおつなもので、本当にここまで来た甲斐がありました♪


Pio Monte della Misericordia
Via dei Tribunale 253, Napoli
入場料:7ユーロ
9時から18時まで
日曜日は9時から14時半まで


2つのブログランキングに参加してます~
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます。
アマゾンはこちらから~♪

# by mayumi-roma | 2017-03-21 06:56 | ナポリ、ナポリ♪
ナポリの地下鉄は、本当に世界一美しかった♪

c0206352_21123444.jpg
ナポリ中央駅♪

ローマのテルミニ駅よりはるかに近代的で綺麗~
しかも、ローマのテルミニ駅みたいに物乞いもジプシーもいなくて、怖い思いなんてゼロ~

なのに、どうして、ナポリ=怖い場所なのか!?
日本人だけでなく、イタリア人も、あまりにもステレオタイプに考え過ぎていると思います。
まぁ、イタリア人の場合は、南イタリアを差別する気持ちもあるのだと思いますが・・・
かくいう私も、実際にナポリに来るまではステレオタイプにナポリを捉えていましたけど。
ちょっと反省しました。
何事も自分の目で見ることが大切。
今では、ナポリ大好きです♪






c0206352_21171912.jpg
地下鉄M2の「ガリバルディ駅」と国鉄ナポリ中央駅を結ぶ通路です。
すぐそばではありますが。
ローマのテルミニ駅周辺の雰囲気とはまるで違います。
本当に綺麗で清潔です。






c0206352_21191216.jpg

c0206352_21232243.jpg

c0206352_21235562.jpg
同じく地下鉄M2のガリバルディ駅、ホームから上がったりホームに降りるエスカレーター♪
かなり深い部分に地下鉄が走っているため、エスカレーターを3回くらい乗り継ぎますが、とっても綺麗ですし、怖い人も皆無なので大丈夫!
ちなみに夜に入る時間帯でした。
近代的でゴミ一つ落ちていないナポリの地下鉄です。
ローマで言えば、地下鉄A線とB線のテルミニ駅に当たるわけですが、この違いに愕然としました・・
ローマの環境は酷すぎます。







c0206352_21262453.jpg
こちらは、地下鉄M2の「トレド駅」です。
やっぱり美しい♪





c0206352_21274848.jpg
こちらは、地下鉄M2の「ウニヴェルシター」(大学)駅♪

いやぁ、ナポリの地下鉄が世界一美しいという噂、半信半疑でしたが、本当でした♪
本当に、とても近代的で綺麗で、ゴミ一つ落ちていなくて、しかも、ジプシーや物乞い、怖い系の乗客は皆無でした。

ちなみに、ナポリには、M1という地下鉄もありますが、それは地下鉄というよりは、国鉄の郊外線でした。





c0206352_21314977.jpg
ほらね~
こういう感じです。
私は1度だけ乗りましたが、郊外に向かうナポリの人たちで一杯。
まったく怖くありませんが、本数も少ないので、観光客にはM2の利用が良いと思います。

バスと地下鉄、フニコラーレ乗り放題の一日券は4.50ユーロです。
でも、ナポリはもっぱら歩くことが多いので、よっぽど利用しないと元は取れない印象かな。
私は、いちいち財布を出して切符を買うことを避けたかったので、一日券を買いましたけどね♪


2つのブログランキングに参加してます~
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます。
アマゾンはこちらから~♪

# by mayumi-roma | 2017-03-20 06:05 | ナポリ、ナポリ♪
  

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。