c0206352_01370716.jpg
ローマ、トラステヴェレ♪

相変わらず暑いローマ、相変わらず疲れ切っているわたくし・・
今日(日曜日)は、ペルージャから義姉が息子に会いに来てくれました。
しかし、わたくしは自宅でおもてなしするような気力が皆無。
レストランでお食事することに決めていました。

が、しかし・・・
ローマの主だったレストランはほとんどヴァカンス休業中で、レストラン探しに苦労しました。
少し前に各レストランのHPを調べた時に、ヴァカンス休業のお知らせなんて出てなかったので、てっきり開いていると勝手に思い込んでいたのですが、ここはイタリアだったことを忘れていました。
きちんとHP上にお知らせを出すお店なんてほとんどないのです。

実は昨日の夜も外食しましたが、HPを見て開いていると思っていたレストランが、行ってみるとヴァカンス休業で閉まっていて、急遽別のレストランを探すことになってしまって、本当に大変でした。

そういうわけで、今日はランチタイムの少し前12時半に、行こうと思っていたレストランに電話をかけました。
結果、やはりヴァカンス休業・・
シーフードの専門店「ベッラ・ナポリ」に行こうと思っていたのです。
というわけで、急遽、別のシーフード・レストラン「ラ・カンティノーラ」へ電話。
しかし、残念ながら、ここもヴァカンス休業中。
もうシーフードは諦めて、コロッセオの近くの「カフェ・プロパガンダ」へ電話。
でも、ここも閉まっていました・・・
そこで、スペイン広場そばの「オテッロ・アッラ・コンコルディア」なら、と思って電話しましたが、やっぱり閉まっている・・
こうなったら、観光客でにぎわうトラステヴェレに行くしかないと思って、しばらく行ってなかった「グラッツィア・エ・グラッツィエッラ」へ電話!
良かった~
開いてました!

8月、特に15日をはさんだ2週間から3週間にかけてのローマは、サバイバルですね。
ウチの近所の小売店やバールも全部閉まっていますから・・・






c0206352_01492921.jpg
トラステヴェレの「グラッツィア・エ・グラッツィエッラ」♪
カジュアルで美味しいお店です。
トラステヴェレにも閉まっているお店がいくつかありましたが、少数派。
ほとんどのお店が営業していました~






c0206352_01520331.jpg
前菜その1は、ブルスケッタ3種♪
トマト、生ハム、ゴルゴンゾーラチーズにクルミ♪
ブルスケッタ、大好き~






c0206352_01521914.jpg
前菜その2は、超美味しいイカのフライ♪
これ、わたくしが一人で食べたわけではありませんよ~(念のため)
ものすご~く軽く揚がっているフライで、天ぷらみたいで美味しいんです~♪
しかし、この時点で、すでにお腹がいっぱい・・







c0206352_01534599.jpg
そして、わたくしは、ヴォンゴレとルッコラのニョッキを頂きました。
美味しいけど~、量が多過ぎる~~!
プリモを食べた時点で、全員、もう何もお腹に入らない状態になりました・・
ゆえに、セコンドは頼まず・・・






c0206352_01573243.jpg
しかし、わたくしは、根性でデザートを食べました♪
イチゴのジェラート乗せ♪
美味しい~
しかし、やっぱり量が多い・・・

苦しむために食べているような感じ(笑)
腹八分目が一番ですね。

さすがに、もう、イタリアンは勘弁という気分になりました!
限界に達した感じです。
日本食か中華に行きたいなぁ・・
家でもイタリアンなんて食べたくなぁ~い!
でも、久しぶりにローマに帰省した息子がイタリアンが食べたいと思うのは当たり前ですからね~

わたくしの苦しみ(?)は、まだまだ続きます。
一人でお素麺が食べた~い!

「Grazia e Graziella」
Largo M.D. Fumasoni Biondi 5
00153 Roma
(トラステヴェレ)

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

ただ今、カラヴァッジョの翻訳本を刊行準備中ですが、私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪



# by mayumi-roma | 2017-08-21 06:36 | ローマのグルメ
c0206352_23244489.jpg
マルタ島の首都ヴァレッタの地図です。
左に黄色で丸くなった部分がありますが、これは「トリトンの広場」という大きな噴水のある広場です。
この広場の右に、城塞都市ヴァレッタへのシティ・ゲートがあるのです。
ゲートからまっすぐに続く長い道(右端のサンテルモ要塞まで)がヴァレッタのメイン通り、レプブリック(共和国)通りになります。

また、広場とシティ・ゲートの間にバスターミナルがあります。
ちなみに、わたくしの泊まっていたグランド・ホテル・エクセルシオールは、左上の四角い緑です。
要塞が敷地内にあるフロリアーナと呼ばれる海沿いの地域です。

そして、地図上部中央にある四角い水色が、ハーバークルーズをするために対岸のシレーマの町に渡るフェリーの発着場所です。
フェリーは、マジでわずか5分乗っているだけです。
頻繁に来るのでバスと同じ感覚ですね。

地図の下部にある黄色い道筋に、左からアッパー・バラッカ・ガーデン、ローアー・バラッカ・ガーデンと続き、右端がサンテルモ要塞になります。
わたくしたちは、この道をずっと歩きました。
なんとも絵になる風景が続くのですよ~




c0206352_23292941.jpg
さてさて、残念ながら、トリトンの広場からシティ・ゲート一帯は修復工事中でした。
この写真はトリトンの広場全体を囲っている工事現場です。






c0206352_23431577.jpg
ヴァレッタの町へのシティ・ゲート♪
町自体が巨大な城塞都市なので、それはそれは見事な城壁で隔離されているような感じで、この橋を渡って町の中へ入るのです。
この橋や城塞の土台の部分も一大工事中です。








c0206352_23394271.jpg
橋の手前から左側を見ると、ここも一大工事現場と化しています。






c0206352_23355784.jpg
橋の左側~

やっぱり、トリトンの広場とシティ・ゲートの修復工事が終わってから、本来の壮大な城塞都市・ヴァレッタが見たいと思うのは当たり前でしょう!?
だから、わたくしは、もう一度、必ず、マルタ島ヴァレッタに行かなければならないのです!!
カラヴァッジョの大傑作にも何度だって会いたいですし♪





c0206352_00195481.jpg

そういえば、私がマルタ島ヴァレッタに着いた時は、町中の至る所が写真のような旗(?)で覆われていたのですが、これは聖ドミニコのお祭りで飾られていたものです。
8月7日まで飾られていました。







c0206352_00230811.jpg
8月8日にはこの通り。
旗はなくなっていました。
マルタの人々は敬虔なカトリック教徒ということです。

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

ただ今、カラヴァッジョの翻訳本を刊行準備中ですが、私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪




2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪


# by mayumi-roma | 2017-08-20 06:29 | マルタ島

クタクタ・・・

c0206352_06390292.jpg
今日のお夕飯は、超手抜きでホットプレート♪
本当はステーキの予定だったんですが、ステーキを焼くのも面倒くさくて、急遽、ご飯を炊いてホットプレートでステーキ(細かく切りましたが)とお野菜を焼くことにしまいました。
ワインは赤という気分ではなかったので、スプマンテ、フェッラーリのロゼを開けました。

いやぁ、もう、本当に、今日という今日は疲れ果てました・・
こんな風に疲れを感じたのは久しぶりです。
昨日の夜寝るのがものすごく遅かったし、今日は洗濯機を3回も回しました。
つまり、カンカンと太陽が照りつける中、3回も屋上の洗濯干し場に行ったということです。
それだけで、死ぬほど疲れました。

そして、カラヴァッジョの翻訳本の初校の校正を完全に終わらせて、日本の出版社に送るため、フェデックスに電話して、月曜日の引き取りを予約しました。
ホッ!

たぶん、マルタ島でテンション高く動き回って、その流れでローマに戻ってからもテンション高く、時に気が狂いそうになりながらも、お仕事(初校の校正)に張り切って取り組み、さらに、東京の息子が帰省。
すべてが一度にどっと来た感じでした・・・

今日は本当に疲れました。
とてもお夕飯なんて作る元気はないと思ったので、ホットプレートにしましたが、意外に好評でした(笑)。
明日はゆっくりしようと思っています。←あくまでも希望(笑)。
マルタ島の記事も、まだたくさん書くことがあります~

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

# by mayumi-roma | 2017-08-19 06:57 | ローマの見所
c0206352_06491407.jpg
息子が東京から帰省して、家族が久しぶりに揃いました。
私が息子に会うのは半年ぶりなので、そんなに懐かしい感じもありませんが、夫は1年ぶりなので嬉しそうです。

この時期は航空運賃が高いので、比較的お手頃価格だった大韓航空のチケットを買って、ソウル乗り換えでローマに戻ってきましたが、北朝鮮の挑発がエスカレートしていた時期だったので、夫は少し心配だったようです。
でも、ま、今の時代、いつどこで何が起こるかなんて誰にも分かりませんからね。
また今日、バルセロナでテロが起こってしまったし・・・

空港には夫が行きましたが、息子の高校時代の悪友たちも迎えに来てくれていたそうです。
ありがたいことですね~
遠く離れていても、変わらぬ友情♪

私は、しばらく、ちょっと大変な日々になりそうです。

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

# by mayumi-roma | 2017-08-18 07:18 | ローマの日常

バタバタばたばた♪

c0206352_06280581.jpg
写真は、お気に入りのマルタ島の写真♪
坂の多いヴァレッタの町からサンタンジェロ要塞が見える地点です♪
首都ヴァレッタとサンタンジェロ要塞のあるヴィットリオーサの町には本当に魅せられてしまって・・・
この写真を見ながら、つい1週間前のことを思い出しています。
って、思い出す暇もないか~~!(笑)

根をつめてお仕事モードに入っていたため、大きな部分はほぼ片付きましたが・・
それでも、まぁ、いろいろとありまして・・・
特に16世紀のローマ教皇庁の件で、自分自身で完全に納得いかない部分があったので(というより、ずっと悩んでいました)、急遽、この土壇場において(笑)、面識のあるイエズス会の学僧さまや知り合いの神父さまにメールを書いたり・・・
いや、でも、やっぱり、こういう時は、友人でもある日本のカラヴァッジョの第一人者の先生に相談したほうが早いかも・・と、またメールを書いて・・・

あまりに難しいことなので、正解はありません。
わたくしは、ただ、アドバイスが欲しかったのです。

そうしたら、友人のカラヴァッジョの第一人者の先生が、もう、本当にすぐに、5分後くらいにお返事を下さって、適格なアドバイスを下さいました♪
ありがたいことですね~
これだけで、本当に、心が晴れましたよ~
嬉しい~

さてさて、今日のわたくしは、お仕事だけでなく、バタバタばたばたと大忙しでした。
息子が明日(日本時間では今日)、東京から帰省するのです。
彼のお部屋をわたくしのいいように使っていたため、原状回復に必死でした(笑)。
よりによって、この時期に・・とは思いますけどね・・(苦笑)

そして、10月にお友だちと4人でナポリに行くので、イタロのチケットをオンラインで買いました。
こちらも楽しみ~
しかし、困ったのは、息子が帰省中にどこのレストランに行けばいいか!
今の時期、ヴァカンス休業で閉まっているお店が多いのです。
でというわけで、めぼしいレストランのHPを探してどこが営業しているかを検索しました。
こうして、いつのまにか夏も終わっていくんだろうな~

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

# by mayumi-roma | 2017-08-17 06:58 | ローマの日常

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma